DAG(Directed Acyclic Graph)とは?ブロックチェーンとの違いも解説

皆さんはDAGという言葉を聞いたことはありますか?DAGは次世代のブロックチェーンと期待され、複数の暗号通貨に組み込まれているアルゴリズムです。知名度の高いIOTAにも採用されており、その性能に期待されています。

本記事ではDAGの特徴やブロックチェーンとの比較、搭載しているプロジェクト例などを含めて解説します。

DAGは技術の名前では無く、有向(繋がりに向きが有り)かつ非巡回(繋がりが一周しない)なグラフである有向非巡回グラフ(ようこうひじゅんかい)のことを意味したアルゴリズムで、英語のDirected Acyclic Graphの頭文字を取ってDAGと呼んでいます。このDAGを暗号通貨に応用することで、単一のブロックで繋ぐのでは無く複数のブロックで繋ぎ、高速かつ低価格な承認方式を実現しています。

DAGを搭載した仮想通貨の特徴

手数料が原則無料

DAG技術の大きな特徴として、取引当事者が承認作業を行うことができることが挙げられます。従来のブロックチェーンでは、チェーンを繋ぐためにマイナーやステークホルダーといった取引の承認を行う存在を取引の当事者間とは別に用意します。そのため承認作業に時間を要し、報酬の設計や手数料の支払いを行う必要がありました。ところがDAGの場合、取引を行う人が自ら承認を行うことで取引を完了することが出来、一定のCPUを使用するのみで承認作業を行えるようになったため、取引スピードの高速化と取引手数料の原則不要化を実現しました。

ブロックサイズの問題を解決

DAGでは各取引を一つのブロックとして承認することで、多くのトランザクションを捌くことができるようになります。

Bitcoinが採用しているブロックチェーンの場合、複数の取引を一つのブロックにまとめ、承認作業を行うことで過去の取引記録とチェーンのように連結させます。Bitcoinの場合各ブロックの容量は1MBと設定されているため、1MBを超える取引量が発生した場合、取引の遅延や手数料の高額化が発生します。実際2017年にBitcoinの価格が高騰した取引量が激増し、取引に何時間も要したり、手数料が3,000円を超えたりなどの問題が発生しました。

DAGでは下の図のように各取引を一つのブロックとして承認することでブロックチェーンのようなブロックサイズの概念を無くし、大量の取引でも高速かつ無限に繋ぐことが可能となります。

<h2>DAGとブロックチェーンの違い</h2>

DAGの特徴について上行で説明しましたが、簡単にブロックチェーンとの対比を表で紹介します。それぞれの最も知名度の高い

  DAG (IOTA) ブロックチェーン(Bitcoin)
スケーラビリティー

一定のブロックを取引者自らが承認する方式を採用することで一定の情報のみブロックに記録するため、理論上問題を解決している

一つのブロックに全ての情報が記録されているためブロックサイズに上限がある

承認速度

当事者が承認作業を行うため、数秒での承認が可能

最速でも10分の承認時間が必要。

セキュリティー

まだ2年程度の歴史しかないため、一定の不安要素がある。

9年以上様々な攻撃から耐えていることから高いセキュリティー能力を持っている

手数料

当事者が承認のためにCPUを使用するため、手数料が基本必要ない

承認作業を行うマイナーに報酬と手数料を支払う必要がある。

上記の表の通り、DAGは様々な点でブロックチェーンが抱える問題を解決していますが、その歴史の浅さからセキュリティーに不安要素が持たれています。実際にIOTAはアメリカの研究所MITから虚弱性を指摘された過去も有り、今後新たな問題が発生する恐れが高いのも事実です。

DAGを利用したプロジェクト例

IOTA

IOTAはコインマーケットキャプが提供する暗号通貨の時価総額ランキングで14位に位置するほどの有名な通貨で、暗号通貨をIoTデバイスで使用できることを目的に開発されました。IoTデバイスで暗号通貨を使用するためには、高速かつ低価格な支払い手段が必要です。DAGを活用することで、日常使いの少量のデータや支払いにも手数料無料で即時取引を行えるように開発されています。

ByteBall

ByteBallはコインマーケットキャプが提供する暗号通貨の時価総額ランキングで128位に位置する通貨で、ブロックチェーンが抱えるスケーラビリティー問題を解決するために開発された暗号通貨です。

世界中で使われることを目指しているため、発行されたコインの98%をエアドロップでユーザーに配布するユーザーフレンドリーな設計で高い評判を得ています。P2P取引や保険、賭け事など様々な機能で使用できることを想定して開発されており、こちらもブロックチェーンの代わりにDAGを使用しています。

まとめ

いかがでしたでしょうか、ブロックチェーンを利用した暗号通貨は数多く存在しますが、DAGを採用した暗号通貨はまだ数えるほどしかありません。セキュリティーなど懸念材料はありますが、多くの点でブロックチェーンよりも優れた機能を持っていることは事実です。DAGを実装した暗号通貨が今後どのような変革を辿るのか、期待が高まります。

友だち追加