DMMも新アプリをリリース!仮想通貨で話題のDappsとは?

DMMブロックチェーン研究室は、新たにブロックチェーンを活用したアプリ「QUEST」をリリースしました。こうしたブロックチェーンや仮想通貨とアプリを融合したものを「Dapps」と呼び、最近ではその種類も増えつつあります。

今回はDappsについて、その特徴や仕組みなどを解説していきます。すでに仮想通貨決済型のゲームも登場し、今後はますますDappsの利用環境が広がっていくでしょう。

DMMがクリプト報酬型コミュニティアプリ「QUEST」をリリース


DMMドットコムは、分散型ネットワークの調査や商品開発を行うDMMブロックチェーン研究室より、仮想通貨を利用したコミュニティイベント開催サービス「QUEST(クエスト)」をリリースしました。このニュースは、2019年2月23日付けのコインポストが報じています。

【参考:コインポスト(CoinPost),2019.2.23, DMMが、優良参加者が仮想通貨を獲得できる「学習コミュニティdApps: QUEST」を開発|河西氏が語る狙いとは

「QUEST」では、イベントや勉強会を開催するホストが、ゲストに対して招待コードを送ることからスタートします。ゲストはコードをアプリに入力し、ルームに参加します。その後、アプリからゲストが質問を投稿し、ホストに承認されれば報酬(ETH)を受け取れるという仕組みです。

「QUEST」を利用することで、ホストはイベント中にゲストが考えていること、疑問や質問などを瞬時に知ることができます。ゲストにとっても、自分の質問が報酬に変わる利点があります。ホストとゲストの交流が行われることで、イベント全体が盛り上がったり、ゲストの疑問が解消されることによる安心感が生まれるなど、両者にとってメリットが多くなるでしょう。

分散型アプリケーション「Dapps」とは?

「QUEST」のように、仮想通貨を利用したアプリの総称を「Dapps」といいます。Dappsにはブロックチェーンの広範なネットワークシステムが利用されているため、日本では「分散型アプリケーション」とも呼ばれています。

実はビットコイン(Bitcoin)やイーサリアム(Ethereum)など、仮想通貨もDappsの一つであり、今後はブロックチェーンを活用した分散型アプリケーションから、様々な製品・サービスが生まれてくることが予想されています。

ここでは、Dappsの特徴や仕組みについて詳しく解説していましょう。

ブロックチェーン搭載型アプリ


Dappsは、ブロックチェーンの仕組みを搭載したアプリのことです。今までのアプリは、システムを起動したり、機能を利用するために、中央のサーバーに対して要求を行うことが一般的でした。「アプリを使いたい」とサーバーに伝えれば、「システムを起動します」という処理がサーバーから返ってくる、簡単に言えばそのような仕組みです。

一方、Dappsのネットワークは世界中に公開されており、システムの起動や実装、変更など全ての機能は、ユーザーが自由に使える仕組みとなります。つまり、今までのアプリのように中央管理者が存在しないということです。

たとえば、代表的なDappsであるビットコインは、法定通貨のように中央銀行が管理を行うのではなく、ネットワーク参加者同士でシステムの監視を行います。通貨の送金は、それぞれのユーザー同士で整合性を確かめ合うことで、セキュリティ体制を高めています。

アプリはゲームから仮想通貨まで様々

Dappsの事例はビットコインだけではありません。他にも様々な分散型アプリケーションが開発されています。

特にDappsに多いものが、ゲーム系のアプリです。ゲーム系Dappsの特徴は、アプリ内で育て上げたキャラクターを配合や融合を繰り返し、レアなキャラへ育ててマーケットで売るというシステムとなります。キャラの購入や売却は仮想通貨で行われるため、ゲームを楽しみながら、投資にも活用できるメリットがあります。

たとえば、有名なタイトルでは「イーサエモン(Etheremon)」や、「クリプトキティーズ(CryptoKitties)」などが代表的です。

育成ゲームの他にも、パズルやシューティング、カジノなど、様々なジャンルのDappsゲームが生まれています。今後はゲームの種類も増え、ゲームと投資を組み合わせた遊び方も一般化する可能性があるでしょう。

決済にはイーサリアム(ETH)が多用される

Dappsのゲームやアプリを利用する場合、イーサリアム用のウォレットである「MyEtherWallet(マイイーサウォレット)」や「Metamask(メタマスク)」などを用意しておきましょう。Dappsの多くは、イーサリアムのERC20という規格から生まれることが多く、決済にETHを使うことが増えるからです。

イーサリアムは分散型アプリケーションのシステムを持ち、ネットワーク内から誰でも自由にアプリを生み出すことができます(ERC20)。そのため、Dappsの開発者もイーサリアムネットワークを利用することが多く、ほとんどのアプリはERC20関連です。

まとめ


DMMブロックチェーン研究室が開発した「QUEST」のように、今後はDappsの種類や数も増えていくことが予想できます。現在は、仮想通貨を利用したゲームが大半ですが、ブロックチェーンの分散型ネットワークを活かした、主催者と利用者の共同参加型アプリも主流になっていくでしょう。

友だち追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2019-3-5

    【確実にもらえる8万円相当】ホワイトデーは3倍返し♪♡ギフトBOXキャンペーン♡

    【追記】ホワイトデーギフトBOX:90XEX+αが追加されました! スケジュール 3/6 1…

おすすめ記事

  1. 【追記】ホワイトデーギフトBOX:90XEX+αが追加されました! スケジュール 3/6 1…
  2. 暗号資産取引所CROSS exchangeにて期間限定で開催される「再自動ロックアップキャンペーン」…
  3. 中東のアゼルバイジャンに拠点を置いているCROSS exchangeがトロンとBitTorrentの…
  4. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
  5. ブロックチェーン技術の発展に伴い、組織やシステム内に管理者がいない「非中央集権」の認知が高まっていま…

話題をチェック!

  1. 【追記】ホワイトデーギフトBOX:90XEX+αが追加されました! スケジュール 3/6 1…
  2. 暗号資産取引所CROSS exchangeにて期間限定で開催される「再自動ロックアップキャンペーン」…
  3. 中東のアゼルバイジャンに拠点を置いているCROSS exchangeがトロンとBitTorrentの…
ページ上部へ戻る