株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドがオウケイウェイヴとブロックチェーン分野で業務提携

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドと株式会社オウケイウェイヴは、1月18日(金)より、さらに信頼性・速報性・公共性の高い、企業・財務情報の配信サービスを実現するべく、ブロックチェーンを活用した企業・財務データ配信プラットフォームの開発における協業に合意したようです。

提携概要


ミンカブ・ジ・インフォノイドは、保有する全世界約100市場、約8万社にわたる企業・財務データを提供し、オウケイウェイヴは、ブロックチェーンのノウハウを活用してそれらを用いた暗号資産(クリプトアセット)化プラットフォームの開発および運営を行うようです。両社は、互いに協力し、個人ユースおよび法人ユースの両領域で、早期の商品化を目指ざすようです。

背景・目的


今回の協業の背景には、投資活動のグローバル化における課題があります。現在、国や業種により会計基準の相違や、収益に対する認識方法の違いなどがあり、企業・財務情報を横並びで比較することは容易ではないようです。両社は、投資活動のグローバル化が進む中、企業・財務情報を多角的な観点から、一つのデータとして見られるようにしなければいけないと考えたようで、その課題の解決にブロックチェーン技術を活用するようです。情報を特定の組織が独自の判断で認証するのではなく、情報利用者や発行体、取引所など、マーケットに関わる多くの視点から多層的に認証させることにより、信頼性・速報性・公共性の高いデータの生成を目指し今回の協業を通じて、両社は、安価で信頼性のある企業・財務データを世の中に提供していくことが目的のようです。

ミンカブ・ジ・インフォノイドが有する世界約100市場、約8万社の企業・財務データと金融経済情報分野でのノウハウ、そしてオウケイウェイヴが企業向けソリューションを通じて培ってきた知見とブロックチェーンのノウハウを組み合わせることで、『開示情報は公共の資産である。ブロックチェーン技術を活用し、有用性が高く、需要のある情報を世の中に届ける』という理念の実現を目指すようです。また、「データを多用し、人的リソースに依存しない情報供給」という、ミンカブ・ジ・インフォノイドが今まで金融経済分野で実現した情報の変革をさらに推し進め、健全な市場の発展に寄与する狙いのようです。

協業内容


ミンカブ・ジ・インフォノイドおよびオウケイウェイヴは、今回の合意により、ブロックチェーンを用いて、信頼性・速報性・公共性の高い企業・財務データ配信サービスの実現に向けた協業を通じてミンカブは、保有する企業・財務データを提供するほか、企業・財務情報ベンダーとしてのノウハウを用いてオウケイウェイヴが行うプラットフォーム開発を支援し、一方、オウケイウェイヴは、今まで培ってきたブロックチェーンのノウハウを活用し、企業・財務データを暗号資産(クリプトアセット)化するプラットフォームの開発と運用を行うようです。これはおそらくSTOプラットフォームになると思われトークンの商品化の段階においては、ミンカブが法人ユースの領域を中心に、保有している販路での提供や自社運営する金融情報メディアでの利用だけでなく、金融機関やリサーチ会社への提供を目指すようです。オウケイウェイヴは企業のサポート部門など既存の販路での法人ユースでの提供に加え、同社が推進する「感謝経済」プラットフォーム上での個人ユース向けの様々な展開も目指しているようです。

今回の提携について


今回の提携の1社であるオウケイウェイヴは、上場会社で初めてICOプロジェクトのWowooを実施したことでブロックチェーン業界においてとても話題になった上場企業です。そういった会社が現実的なモデルを展開しているミンカブ・ジ・インフォノイドとの提携を通じて新しい試みを期待を持ってみたいと思います。記事の中で触れた暗号資産(クリプトアセット)化プラットフォームは、おそらくはSTOなど世界の企業に対して資金調達プラットフォームと投資家とのマッチングプラットフォームであろう。これまで一からプロジェクトを募るSTOプラットフォームとは違いすでに存在する企業データベースと連携できることは資金調達を目指す企業においても有意義なサービスになり得ると思います。

友だち追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2019-2-17

    【XEXトレード必至】CROSS exchange トレードキャンペーンを発表!

    CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…

おすすめ記事

  1. CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…
  2. 暗号資産取引所のCROSS exchange(crossexchange.io)が2019年2月10…
  3. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
  4. ブロックチェーン技術の発展に伴い、組織やシステム内に管理者がいない「非中央集権」の認知が高まっていま…
  5. アセットバックトークン、いわゆる資産担保型の仮想通貨をご存知でしょうか。クロスエクスチェンジがアセッ…

話題をチェック!

  1. CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…
  2. 暗号資産取引所のCROSS exchange(crossexchange.io)が2019年2月10…
  3. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
ページ上部へ戻る