BAT (Basic Attention Token)とは?その特徴を紹介

BAT (Basic Attention Token)とは次世代のウェブブラウザ『brave』内で扱われる暗号資産になります。Ethereumブロックチェーン上に構築されているこのプロジェクトは、「インターネット上の広告の未来」として多くの人に支持されています。

基本情報

通貨名 Basic Attention Token

ティッカーコード BAT

トークンタイプ ERC20

設立 2017.5.31

総発行枚数 1500000000

公式サイト https://basicattentiontoken.org/

Twitter      https://twitter.com/attentiontoken

telegram  https://t.me/batproject

white paper  https://basicattentiontoken.org/BasicAttentionTokenWhitePaper-4.pdf

【出典:coinmarketCap

【出典:coinmarketCap

Braveは従来のウェブブラウザと何が違うのか?

現在のインターネットブラウザでは何かを検索する時や、目当てのサイトを訪問した時に沢山の広告が表示されます。この広告は、ほとんどの場合今必要な情報でなかったり、広告がある事でコンテンツ自体の見やすさも悪くしてしまいます。また、必要でない広告が表示される毎に電力消費やデータ容量も必要になります。広告を出す側もけして安くはない仲介手数料をプラットフォームにも支払わなければならないのです。

『Brave』では広告を必要としていないユーザーには広告を非表示にし、ストレスや電力消費、データ容量の軽減が出来ます。

BAT (Basic Attention Token)はどのようにして機能するのか?

BAT (Basic Attention Token)は上記の『Brave』にて使われます。上記では広告自体のデメリットについて少し記載しましたが、人によっては広告をデメリットに感じない人も一定数居ると思います。そこで『Brave』では広告表示を許可してウェブページを使うとBATが報酬として支払われるシステムを導入しました。また、優良なサイト制作元にもBATが報酬として支払われます。

報酬の仕組みは分かったと思いますが、そもそもその報酬は『Brave』から発生するのでしょうか?答えはNOです。やはり広告主から報酬を集めます。集金機能はまだ実装されていないようですが、今後ブロックチェーン上に広告主と各サイト製作者が直接広告を載せれる様な仕組みをスマートコントラクトによって実装予定です。今まではgoogleなどのプラットフォームが仲介手数料で徴収していた金額を広告主は払う必要がなくなり、サイト運営と直接広告報酬を決める事が出来ます。また、サイト製作者側は優良なコンテンツを生み出せばより価値の高い広告報酬を条件として出せるので、ユーザーと広告主、サイト製作者3者共に満足のいくエコシステムになるのです。

とは言うものの『Brave』の開発はまだまだこれから

【Chromeでのcoin marketcap】

【Braveでのcoin marketcap】

実際に著者も『Brave』を使ってみたのですが、ユーザー目線でみても開発はこれからなのかなと思います。確かに広告が無いのはとてもサイトが見やすく良かったのですが、appStoreでの評判はいまいちでした。

【参考:Apple app storeより】

まとめ

今までのインターネットの常識を覆すかもしれないプロジェクトトークンBAT (Basic Attention Token)が第4時産業革命の波に乗れるのか、またこの様な新しいサービスを使ってイノベーティブな製作者が沢山出てくれる事を期待したいと思います。

友だち追加