中国の政府機関が仮想通貨の格付を発表、第1位は?

中国産業情報技術省 から仮想通貨の格付が発表されました。

対象となったのは以下の28銘柄
『BTC, ETH, XRP LTC BCH, ADA, XLM, NEO, Iota, XMR, Dash, NEM, ETC, Qtum, Nano, LSK, ZEC, XVG, STRAT, SC, Steem, BTS, BCN, Waves, DCR, HSR, KMD, ARK.』

中国政府は、今後このような格付を行い、国内ブロックチェーン産業の発展・研究を進めていく方針を打ち出しています。

ランキングの順位は?

第1位Ethereum

第2位Steem

第3位Lisk

ちなみに、この格付を見ると時価総額1位のBitcoinは「第13位」 最下位28位はNEMとなっています。

この評価については中国独自の評価ですが、参考にしてみてはいかがでしょうか?

友だち追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2019-2-17

    【XEXトレード必至】CROSS exchange トレードキャンペーンを発表!

    CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…

おすすめ記事

  1. CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…
  2. 暗号資産取引所のCROSS exchange(crossexchange.io)が2019年2月10…
  3. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
  4. ブロックチェーン技術の発展に伴い、組織やシステム内に管理者がいない「非中央集権」の認知が高まっていま…
  5. アセットバックトークン、いわゆる資産担保型の仮想通貨をご存知でしょうか。クロスエクスチェンジがアセッ…

話題をチェック!

  1. CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…
  2. 暗号資産取引所のCROSS exchange(crossexchange.io)が2019年2月10…
  3. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
ページ上部へ戻る