暗号資産のLiberty(LES)とは?その特徴を紹介

Libertyとは、自由な組織運営を目指すプロジェクトであり、Liberty Ecosystem Laboratory LLCとETA HOLDINGS Co., Ltdによって開発が始められました。

このトークンによって、パブリックで分散化されたプラットフォームを実現することが可能です。

Libertyは、個人・コミュニティ・国の自由を守り、2つの領域における自由を脅かす存在に対して有効であるとされています。1つは国内で個人やグループの自由を制限する政府であり、2つ目は中国やロシアのような独裁的な特徴を持つ国家を示します。

すでにLibertyは、暗号資産サービス企業であるOmniSparxと提携を結んでおり、コミュニティ内でのコンテンツ共有やトークンインセンティブ・資金管理などが行えるようになっています。今後の予定としては地元の企業と連携して、ICOによる資金調達を予定しているようです。

Libertyとは

Libertyは、国・企業や投資家に対してコミュニケーションを取りながらプロジェクトを進めることができるプラットフォームとなります。

Liberty Token(LES)をベースとしたトークンプラットフォームによって、起業家は自身のプロジェクトのためのトークンを発行することが可能になります。これによって資金調達が容易になり、配当金や利益分配もトークンを介して行うことができます。

教育

参画企業・国に対して、プロジェクトに投資した投資家への広報活動をサポートすることができます。適切な政策やプログラムを研究・分析をするシンクタンクの設立を促します。これによって、Libertyをベースとしたメディアコンテンツを生み出すことができ、多くの活用例を集めることが可能です。

コミュニティ管理

プラットフォーム内では、様々なコミュニケーションツール(email, Facebookk, Slack, Telegram, Twitter, Instagramなど)を使って投資家と企業がコミュニケーションを取ることができます。そのコミュニティ内では、誰がキーになるのかやメッセージの優先順位決めなどを管理されます。

また投資家はプロジェクトを推薦し、投票に参加する権利を得ます。資金の割り当てや優先順位などがトピックとなります。投票の重みは以下の3つの方法から決定されます。

  • トークンを保有しているか
  • トークンの保有量
  • 上記2つの組み合わせ

権利の主張

国・企業はプロジェクトに対して投資家や他の企業からトークンを集めることができます。それに対して、投資したメンバーはプラットフォーム内でのトークン受け渡しや新たなプロジェクトへの投資が可能になります。Libertyを広めた企業に対しては、インセンティブも発生するようです。

Liberty tokenを使って商品・サービスの売買も可能であり、プロジェクトの推進をサポートすることができます。

投資

資金調達と配当金

プラットフォーム上では企業や起業家が自らのトークンを発行し、資金調達をすることが可能です。資金を投資した投資家に対して、配当金やステーキングトークンの配布をすることもできます。

手数料について

Libertyでは、参画する企業やマイナーがプロジェクトに対して手数料を受け取ります。それぞれの手数料は、プロジェクトによって決まります。

データ分析

トークンの取引状況などのデータは、コミュニティ管理者へ提供される予定です。

パートナー

主要金融機関とのパートナーシップを検討しており、トークン量に応じた資産の提供ができる予定です。

 

Libertyが狙う市場とは?

暗号資産市場規模は、2017年の170億ドルから2018年の2170億ドルまで拡大しました。しかし、未だこ産業は発展途上です。Libery Evcosystemが目指すのは、既存のビジネスモデルを一新し、新たなビジネスモデルを作り上げることです。これを成し遂げるための最初のプロジェクトがLibertyとなります。

Libertyは、社会・政治・文化・政治機関を構築することができます。これらを構築できるプロジェクトはこれまでありませんでした。既存の資金調達方法は、世界銀行やアジアン開発銀行を中心としたモデルとなります。世界銀行はパブリックな分散的な機関ではなく、同様に他の既存の機関に関しても開かれた市場を形成しようとはしていません。

このような現状がある中でLibertyは、分散型プラットフォームにおいて企業同士を繋げ強力なネットワークを構築しようと試みています。

 

Libertyを使ったユースケースとは

Libery Ecosystemのホワイトペーパーでは、5つのユースケースが紹介されています。ここでは、そのうち投資についてのユースケースを紹介します。

投資について

過去10年間で、スリランカ政府はインフラを整備するために多額の資金を中国資本から借りています。その資金によってできた港は2011年にオープンされましたが、多くの交通量を獲得することができていませんでした。これによって、政府は中国に返金するための予算を生み出すことができません。2017年12月に、スリランカ政府はこれらの借金に対して、99年返金計画を中国と結びました。

このような状況を改善するために、Libertyの活用が考えられます。

このシステムによって、スリランカ政府はより透明性の高い実用的な取引を実現することができます。

まず、Libertyはコミュニティの管理することが可能です。例えば、企業や組合同士の提携によって、港にさらに大きな船を受け入れるなど柔軟なサービスを展開することが可能になります。

次に、Liberty tokenを使ったブロックチェーンシステムを採用しているので、スマートコントラクトという技術を使うことができます。

スマートコントラクトによって、投資家に対する配当金やLEStokenの所有者に対する金利を効率的に分配することが可能です。

ロードマップ

2019年末までに3カ国で10万人のメンバーの導入を目指しています。

すでに主要取引所への上場を検討しており、相場状況にもよりますが数ヶ月以内にICOが行われそのタイミングで上場する予定だと言います。

Wowooとアメリカ保守連合との関係も?

Libertyが国政とブロックチェーンの統合を目指していることから、アメリカ保守連合(ACU)と連携してWowooプラットフォームを採用したことが発表されました。

WowooのSAC(Smart Active Control)システムが、このEcosystemに使われるようです。SACとはプラットフォーム内で新しいトークンを設計するための仕組みであり、プロジェクト毎に自由にトークンの特徴を決めることができます。

この仕組みを使うことによって、Liberty内のプロジェクトを運営していくようです。

Liberty tokenが売買予定の主な仮想通貨取引所

CROSS exchange
https://www.crossexchange.io

公式情報

Libertyホワイトペーパー
http://www.libertyecosystem.com
公式Twitter
https://twitter.com/libertyecosys
公式Facebook
https://www.facebook.com/pages/category/Political-Organization/Liberty-Ecosystem-248916135972818/
公式wowooブログ
https://blog.wowoonet.com/2018/11/02/about-liberty-ecosystem/

友だち追加