仮想通貨のMonacoinとは?その特徴を紹介

日本の国産仮想通貨といえばMonacoin(モナコイン)が第1号です。はたしてどのような通貨なのかその特徴を紹介していきます。

Monacoinとは

Monacoin(シンボル:MONA)とは、巨大掲示板群2ちゃんねる(現5ちゃんねる)から発祥したコミュニティ型の国産仮想通貨です。

その発祥は、海外発祥のネタコインのDogecoinに触発されたのが始まりで、2ちゃんねるで「俺たちも仮想通貨を作ろう」というきっかけから始まりました。Dogecoinは犬のキャラクターに対して、Monacoinは猫のキャラクターの「モナー(Mona)」がイメージになっています。

MonacoinとDogecoin

Monacoin(左)とDogecoin(右)

モナーは、かつて2ちゃんねるでアスキーアート(AA)で使われていたキャラクターです。2ちゃんねるでは、モナーのほかに子猫の「しぃ」や熊の「クマー」などのAAが登場しています。

モナーのアスキーアート(AA)

モナーのアスキーアート(AA) カオモジCHANNNELより

Monacoinは、2014年1月1日に正式リリースされ、最初はネタコインとして大喜利の景品としてもらえたり、投げ銭として使われたりしました。

そんなネタコインから発祥したMonacoinは、2019年1月8日において、仮想通貨の時価総額ランキング85位に位置しています。

Monacoin(MONA)の時価総額 - 2019年1月8日時点

Monacoin(MONA)の時価総額 – 2019年1月8日時点

Monacoinの現在の価格は、以下をご覧ください。

Monacoinの特徴

No ICO 純粋なマイニング国産通貨

Monacoinは、ICOをせずに発行されています。Monacoinの発行枚数は2014年1月1日からマイニングにより日々増えていき、105,120,000 MONAまで発行されます。

日本国内の店舗やネットショップの決済で利用できる

Monacoinは、日本国内の実店舗やネットショップの決済で利用することができます。利用できる店舗は、Monazon.jpで検索することができますが、その数は2019年1月8日の時点で30店と多くはありません。

モナコインが使えるお店を探す | Monazon – モナゾン

Monacoinを売買することができる主な仮想通貨取引所

Monacoinの公式情報

まとめ

Monacoinは、2ちゃんねる(現5ちゃんねる)発祥の国産仮想通貨です。

マイニングで増えていき、投げ銭のような少額支払い用途にも使うことができます。

友だち追加