ステーブルコインとは?その代表格のUSDTを紹介

最近は仮想通貨海外でステーブルコインという言葉が多くきかれるようになりました。はたしてステーブルコインとは何なのでしょうか?

ステーブルコインは価格変動が少ないコイン

ステーブルコインは、英語でStable Coinと書きます。Stableとは「安定した」という意味になります。

ステーブルコインで安定しているのは、その価格になります。

一般的に仮想通貨は、価格変動(ボラティリティ)が大きく、通貨が担う「価値の交換」「価値の保存」の役割をはたすためには、まだまだ問題が多いのが現状です。そこで登場したのがステーブルコインです。

ステーブルコインでは特定の資産にペグ(連動)することにより、その価格を安定させることができます。

ステーブルコインのペグ対象

ステーブルコインでペグする対象は、主に2種類あります。

  • 法定通貨:USD、EUR、JPYなど
  • コモディティ:金、ダイヤモンド、石油など

いずれも価格変動はゼロではないですが、ビットコインのような仮想通貨と比べると遥かに価格変動が少ないものになります。

ステーブルコインのメリット・デメリット

ステーブルコインにもやはりメリット・デメリットが存在します。

メリットは、やはりその価格が安定していることです。通常、日本の仮想通貨取引所でトレードする場合は、利益確定や損切りには法定通貨の円を使用します。また暴落時の退避通貨としても円を使用します。しかし、海外の通貨では法定通貨を扱っていないことがあります。そのため、ステーブルコインを用いることにより、トレード収支を安定させることができます。

デメリットも、その価格の安定によるものになります。仮想通貨を購入している人の多くが、その値上がりを期待しています。しかし、ステーブルコインは価格が安定しているため、その値上がりの恩恵に預かることはできません。

ステーブルコインの代表格 USDT

ステーブルコインの代表格がUSDTになります。海外の取引所では、BTC/USDTのように取引ペアの決済通貨として広く採用されています。

USDTはその名前の通りUSD、つまりUSドルにペグしたステーブルコインになります。その価格は、1 USDT = 1USDに保たれています。

なぜ、USDTはUSDとペグすることができるのでしょうか?

USDTはTether(テザー)社により発行されてます。TetherはUSDTを発行する時に、それと同量のUSDを保有します。

つまり、USDTとはTetherが発行したUSDの預かり証のようなものになります。”USDTというUSDの預かり証”は、1USDと交換することができるため、1USDと同等の価値になります。

疑惑が絶えないUSDT

理屈上は前述の内容で、1 USDT = 1 USDの価値になりますが、実はUSDTについては何度も「1 USDT = 1USD の価値が本当か?」という疑惑が出てきました。この疑惑は未だに絶えることはありません。

1 USDT = 1 USD の価値になる根拠は、Tetherが発行しただけのUSDTと同量のUSDを本当に保有しているということが大前提だからです。仮に100万USDT発行されているのにも関わらず、Tetherが50万USDしか持っていなければ、1USDTの価値は0.5USDになってしまいます。

通常ステーブルコインでは、その裏付けとする資産の価値を担保するために監査法人の外部監査を入れますが、Tetherでは2018年1月に監査法人フリードマンLLPとの関係を打ち切り、その後はUSD保有量についての正確性は謎に包まれてしまいました。

その後は、法律事務所がUSD保有量を確認したり、ブルームバーグが確認したりと、非公式な形でUSDの保有量の正式性が確認されていました。

この疑惑は、監査法人が正式につかない限り完全に解消しないため、未解決のままになっています。

そのため、世界の取引所ではより透明性が高い別のUSDペグのステーブルコイン(TUSD、USDC、GUSD、PAXなど)に移行する流れになっています。

まとめ

ステーブルコインとは、法定通貨やコモディティにペグした仮想通貨のことを指します。

ステーブルコインで一番有名なのは、USDにペグしたUSDTになりますが、その価値が本当かどうかという疑惑が絶えないため、世界的には別のステーブルコインに移行する流れになっています。

友だち追加