Cosmos、Tendermintとは?特徴や将来性などを紹介!!

近日、BinanceがBinance Chainをリリースし、大きな話題となりました。分散型取引所の基盤としてBinanceとそのコミュニティによって開発された今回のBinance Chain、開発にあたりBinance Chainは「Cosmos」や「Tendermit」の技術を採用した事にもより、注目度もより高くなっています。今回はこの「Cosmos」や「Tendermit」について解説したいと思います。

Cosmosに入る前に

「Cosmos」を知る上で知っておきたい前提知識として「スケーラビリティ問題」というものがあります。ご存知の方も多いと思いますが、BitcoinやEthereumを使用する人数(ネットワークに参加する人)が増えると1ブロックの容量が決まっている設計上送金が詰まりが起こり、結果送金手数料が高騰してしまうといった問題が生じます。2017年の12月にこの問題に直面された方も少なからずいるのではないでしょうか?この問題を解決する為にはチェーン自体の処理を速く出来る様にするか(ファーストレイヤー領域)、チェーンの外での動きを速くする必要があります(セカンドレイヤー領域)。「Lightning network」や「Plasma」などはセカンドレイヤーの領域です。「Cosmos」に関してはファーストレイヤー領域のソフトウエアによって出来ています。

Cosmosとは

「Cosmos」とは、より広範なブロックチェーンエコシステムに適合する為のプロジェクトです。Cosmosネットワークでは、「Hub」と「Zone」の2つ独立したブロックチェーンが存在します。

「Hub」の役割は、さまざまなブロックチェーンと同期し、「Zone」にトークンやデータを集約することです。「Hub」の領域では、BitcoinやEthereumなどの異なるブロックチェーンを繋ぎ、ブロックチェーン間の通信を司るIBCプロトコル(Inter-Blockchain Communication Protocol)という技術においてスワップが可能になります。

BitcoinやEthereumなどの別々のブロックチェーンの橋渡しの役割をし、スケーラビリティの大幅な向上とCosmosネットワークを通して異なるブロックチェーン間のスワップも可能となります。

【出典:blockgeeks.com

Cosmosの基盤となるTendermint

「Cosmos」を理解する上で「Tendermint」の理解は避けて通れません。TendermintはTendermint CoreとABCI(Application Blockchain Interface)の2つの構成で成り立っています。

Tendermint Coreとはコンセンサスアルゴリズム(PoS)で成り立っています。Bitcoinのコンセンサスアルゴリズム(Pow)は各ブロックの計算を1番速く終えたマイナーに報酬を与える仕組みになります。この仕組みは知っている人は多いと思いますが、Bitcoinの場合は不正や間違えの無いように6ブロック生成後に初めてファイナリティが決まります。この仕組みにもより承認時間がかかります(採掘が終わるまでの期間も設定されており、マイナーのhashpowerで丁度10分でブロック生成出来る様になっています)。

Tendermint Coreはコンセンサスアルゴリズム(PoS)を採用したコンセンサスエンジンの事を指します。PoSを採用することによりブロックのファイナリティまでの時間を短縮しています。PoSでは1/3までのバリデーションノードが停止または不正があっても残りの2/3のノードで不正の無いブロックであると証明します。この仕組みである為PoS通貨には33%攻撃が通用します。ただし、参加するノードの数が増えれば増えるほど33%攻撃をする事が困難になります。

また、Tendermint Coreはあらゆるプログラミング言語で書かれたプログラムの遷移マシンを使用し、多くのマシンで安全に複製します。これにより開発者はあらゆるプログラミング言語でも開発可能になります。

【参考:github.com/tendermint/tendermint

 

もう一つの構成要素「ABCI(Application Blockchain Interface)」はTendermint Coreのコンセンサスエンジンと外部アプリケーションとを繋ぐ役割をする仕組みの事です。他のプロジェクトやDapps開発者はこのABCI(Application Blockchain Interface)を開発したDappsに繋げる事ができます。

【参考:github.com/tendermint/abci

Cosmosで使われるトークンはAtomとPhoton

「Cosmos」ではAtomトークンとPhotonトークンが使われます。

Atomトークンは基本的ステーキング用になります。ステークすることによりCosmosネットワークに参加できます。コンセンサスアルゴリズムの特性上多くのAtomをステークしておけば報酬も貰えます。いくつかの取引所に上場しており売買は可能です。

マーケットランク#18

時価総額880,829,008 USD

24時間ボリューム$ 77,573,164 USD

循環供給190,688,439 Atom

総供給237,928,231 Atom

[2019.5.28時点]

Photonに関してはCosmosネットワーク上でのGasの役割をします。Photonについての情報はまたの機会に致します。

まとめ

今回はCosmosについてご紹介いたしました。「Cosmos」は暗号資産(仮想通貨)の中でも将来性があると思います。これを機に少しだけ持っておくのも良さそうです。