2019年に向けた日本の仮想通貨業界予測

2018年は、仮想通貨にとって良くも悪くも仮想通貨が注目される年となった。コインチェックのハッキングから始まりそれに伴い価格の暴落など最終的にはビットコインも40万円代に落ち着くなど価格だけでいうと1周回っつて元に戻る形となった。さらにテレビに取引所のCMが流れるなどこれまでアングラなものだったものから市民権を得たジャンルになる兆しを感じられました。ただこの業界の動向は、やはり金融庁次第であることを痛感した一年であることは確かです。そのお陰で2018年は、他国に比べ国内のルールが整理された1年でありと思います。2108年を踏まえて2019年の業界はどうなるのかを予想してみたい。

仮想通貨の価格はどうなるか?


いくつかトピックスを考えてみたいと思います。1つは何といっても仮想通貨がETFの取り扱いの承認がおりるか否かが大きな鍵になることでしょう。ETFは、“Exchange Traded Funds”の略で、「上場投資信託」と呼ばれています。ETFは、金や石油など取引する市場で承認されることで機関投資家が多く参加する市場で取引高も大きくなり価格が上がる可能性があります。もう一つは、仮想通通貨が実際に使われる機会が多くなることが全体的な需要が高まる可能性があります。これら2つが実現されることで価格の上昇の可能性があります。

金融庁に申請している多くの会社が参入?


現在、仮想通貨交換業社の申請は、報道に四つと190社を超えると言われている。これらの会社が実際に認定を受け始めると様々なサービスでの競争が増え投資家にとっては様々な選択肢が生まれ投資家が増える機会にも繋がると考えます。さらにこれまで大手企業の参入がまだ多くなかったことから大資本の会社の参入や証券・為替取引のサービスを提供していた既存の金融業者の参入を通じて新しい投資家の参入も見込めると考えます。

STOやICOの関してはどうか?


ICOについては、基本は仮想通貨交換業者の認定を受けているこうとが前提になりますが、今後はルールの制定と基準が明確化され単体の事業者が行うICO出なく免許を持っている事業社をプラットフォームとしたICOも増えることになり、これまであったプロジェクトとは違って質の良いプロジェクトが多数増えると思います。STOについては明確な基準はありませんが証券と同様のルールに遵守する形で実施可能になると思われます。

納税方法について


現在は、損金を組み入れることができなかったなど投資家にとって不利な税制も変更の議論は出始めているので来年の確定申告に合わせて変更の議論があると思われます。このような納税方法の変更が行われることがより多くの人が参加しやすい市場になることと考えます。

2019年に期待すること


多くの投資家が安心して質の高いサービスを受けられるようになることを期待しつつ、国として仮想通貨を盛り上げるために税制も含めて投資家が積極的に参加できる機会を作ってくれることを望みたいと思います。2018年に様々な議論をした結果をマーケットで是非活かしてもらえる年になることを祈ります。

友だち追加