香港の上場企業であるマディソングループは、日本国内で仮想通貨交換業のライセンスを取得しているビットオーシャンの株式取得、また世界最大級の取引所であるBitMEXの日本進出を示唆する適時開示を公表しました。

Bitmexとは?


仮想通貨の世界最大のFX取引高とユーザーを持つ仮想通貨FX最大の取引所である。最大レバレッジは100倍あり世界の取引所への影響も大きくBitmexの指標を見て取引するユーザーも各取引所への価格の影響力を持った取引所である。

日本においてのFX市場は?


日本においては、円/ドルなどに代表される為替のFXにおいては大変大きな市場で取引額も年500兆円ほどが取引される世界有数の市場であり、仮想通貨においても現時点では仮想通貨FXの取引額は不明ではあるが元々FXに市場が大きいところから現時点での仮想通貨の取引量を見ても有数の規模の市場になることであると思います。

日本の現状


金融庁は、日本で取引所の免許を有する会社が多く所属する日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)を自主規制団体に認定し、その団体が定める自主規制とし、レバレッジ4倍という値が提示されています。2018年10月現在、5倍、10倍、20倍などで証拠金取引ができる仮想通貨交換業者もいくつかありますが、定の猶予期間を設けたのち、いずれも4倍に統一する方向のようで調整している。通貨におけるFXについては、10倍が自主規制基準として議論をされているが仮想通貨のボラリティを観念すると5倍というラインが妥当であるという見解により通貨よりも若干低い数値の基準となっている。

日本の仮想通貨交換業免許を持つ企業買収


海外の企業にとって日本の市場はとても有望に見えていることであろう。諸外国に比べ経済発展をしている先進国の中では比較的ルールを明確化する動きを見せている稀有な国であるのでカントリーリスクと言われる状況の変化が起こりずらい国であり仮想通貨の取引も世界有数の規模を誇る。こいういった動きの中で日本企業の買収や提携というケースが2019年にも起こり得ると考えます。日本の取引所も外資との競争に晒されより良いサービスをだし投資家にとって良い方向に向かうことを期待したいと思います。

友だち追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2019-2-17

    【XEXトレード必至】CROSS exchange トレードキャンペーンを発表!

    CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…

おすすめ記事

  1. CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…
  2. 暗号資産取引所のCROSS exchange(crossexchange.io)が2019年2月10…
  3. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
  4. ブロックチェーン技術の発展に伴い、組織やシステム内に管理者がいない「非中央集権」の認知が高まっていま…
  5. アセットバックトークン、いわゆる資産担保型の仮想通貨をご存知でしょうか。クロスエクスチェンジがアセッ…

話題をチェック!

  1. CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…
  2. 暗号資産取引所のCROSS exchange(crossexchange.io)が2019年2月10…
  3. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
ページ上部へ戻る