日本円が利用可能なブロックチェーンゲームを開始

上場企業モバイルファクトリー子会社が、日本円も利用できるブロックチェーンゲームを開発したと発表した。

ブロックチェーンゲームとは?


ブロックチェーンでよく言われる中央管理者のいない不特定多数でネットワーク情報を保管・管理するシステムで動くゲームでありコントロール主体がなくシステムは自動化されていてトークンの利用によってアセット(資産)化されるゲームを言います。ブロックチェーンゲームは仮想通貨を利用することが基本で現状ではイーサリアム(ETH)のシステム上で開発されているものが多く有名なゲームとしてクリプトキティや最近話題になったものでクリプトヒーローズがあります。

従来のゲームとブロックチェーンゲーム違い


ブロックチェーンゲームの場合は、従来のゲームはゲームは中央集権で管理されており日中央集権型では不正改ざんを行おとする不正ユーザーが防ぐことが難しいところをブロックチェーン上でデータを管理するため改ざん性が低いとされています。また、ゲームアイテムなどは中央集権の場合は全てゲーム会社側の管理ですが、透明性の高いブロックチェーン上での管理になるため実際に誰が何のアイテムを保有しているかがわかります。さらにそのアイテムは、ユーザー間での取引性が高くゲームでアイテムの取引を行うRMT(リアルマネートレード)としても利用が見込まれています。

ブロックチェーンゲームの課題


ブロックチェーンゲームは、従来ブロックチェーン上で作られていることから課金するために仮想通貨が使われることが前提で作られております。そのため仮想通貨を使っての決済が基本となることからウオレット経由でのサービス提供が基本になります。そのため仮想通貨を実際に利用している人が前提となることが多く仮想通貨を実際に行なっておるユーザーベースが多くならないと課金者が増えません。

本サービスにより期待するところ


これまで日本では、Google playやApp storeを通じてゲームを販売して成功を収めています。それらのゲームはクレジットカードや通信会社が提供する決済システムを通じて日本円で課金を提供していたため誰でもが遊ぶことができ大きな市場がありました。今回のサービスは日本円の決済を提供することから自然に仮想通貨で決済をする流れを知り仮想通貨を使う機会に増える人が増えることを期待します。

友だち追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2019-2-17

    【XEXトレード必至】CROSS exchange トレードキャンペーンを発表!

    CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…

おすすめ記事

  1. CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…
  2. 暗号資産取引所のCROSS exchange(crossexchange.io)が2019年2月10…
  3. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
  4. ブロックチェーン技術の発展に伴い、組織やシステム内に管理者がいない「非中央集権」の認知が高まっていま…
  5. アセットバックトークン、いわゆる資産担保型の仮想通貨をご存知でしょうか。クロスエクスチェンジがアセッ…

話題をチェック!

  1. CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…
  2. 暗号資産取引所のCROSS exchange(crossexchange.io)が2019年2月10…
  3. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
ページ上部へ戻る