「くりぷ豚」を運営する東証1部上場のセレスが金融庁認定の仮想通貨交換業者Xthetaと資本提携

東証1部上場のセレスは、取引所免許を持つ会社と資本業務提携を発表しました。

クリプ豚とは?


イーサリアムベースのブロックチェーンゲームで豚を飼育したり取引したりしてイーサリアムを増やすことができる要素があり日本の会社が配信しています。特徴的なところは、ブロックチェーンゲームは通常ブラウザーベースのウオレット経由でないとプレイできないのですが、Twitterアカウントを利用して参加することができ、飼育した豚をtwitterのアカウントベースでやり取りできます。

株式会社 Xthetaとは?


大阪に本社があり金融庁から仮想通貨交換業の免許を取得している事業者で、仮想通貨取次サービスの提供を予定している会社です。取次サービスとは、取引所と投資家の間に入って投資家が仮想通貨を購入したいときに投資家に代わりに購入を代行してくれるサービスです。まだ仮想通貨の取引に慣れていない人などがたくさんいる市場で代わりに購入してくれるなど他がやっていないようなサービスを提供しているようです。

セレス株式会社とは?


東京証券取引所市場第一部会社で、スマートフォン端末をメインデバイスとするインターネットメディアを企画・開発し運営する ことを主業としており、利用者に対して電子マネー等に交換可能なポイントをインセンティブにインター ネット上の様々なアクションを促し収益を得ているアフィリエイト事業など国内最大級のスマートフォン向けポイントサイト であるモッピーに加え、お財布.com を運営しているようです。

資本提携の狙い


昨今は、仮想通貨取引の利用者の裾野が広がり、仮想通貨市場の活性化の一環として現金や電子マネー等に交換可能なポイントサービスを運営しており、ポイントは一種の トークンであると定義しているようです。そのため、仮想通貨・ブロックチェーン技術 とは非常に親和性が高いと考えているようで非現金決済社会(≒トークン・エコノミー)が進む中で、ポイントサービスを運営するとともに、持分法適用関連会社化であるビットバンク株式会社や仮想通貨取引 事業を行う子会社である株式会社マーキュリーの設立などと同様にイーサリアム上のブロックチェーンゲーム「くりぷ 豚」の提供等、仮想通貨・ブロックチェーン関連への事業展開を積極的に行っていくようです。

  

今後の取引所の役割


  日本においてゲームは非常に大きなマーケットであり世界でもアメリカ・中国に続く世界第3位の市場ですが、ブロックチェーンゲームにおいてはまだまだ利用者が増えない状況のようです。その要因として基本的にブロックチェーンゲームは、ウオレット内のブラウザーを経由して提供され仮想通貨で決済することが求められるからです。アプリゲームのようにApp storeやGoogle playを通じて配信できるようなプラットフォーム化しないのも普及しない要因です。今回のニュースは日本で取引所免許を持つ会社との資本提携であるところからApp storeやGoogle playの役割を今後はウオレットをすでにユーザーに提供している取引所が単体のウオレットの代わりにプラットフォームを担い得ることを想像させる資本提携となると考えます。

友だち追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2019-2-17

    【XEXトレード必至】CROSS exchange トレードキャンペーンを発表!

    CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…

おすすめ記事

  1. CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…
  2. 暗号資産取引所のCROSS exchange(crossexchange.io)が2019年2月10…
  3. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
  4. ブロックチェーン技術の発展に伴い、組織やシステム内に管理者がいない「非中央集権」の認知が高まっていま…
  5. アセットバックトークン、いわゆる資産担保型の仮想通貨をご存知でしょうか。クロスエクスチェンジがアセッ…

話題をチェック!

  1. CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…
  2. 暗号資産取引所のCROSS exchange(crossexchange.io)が2019年2月10…
  3. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
ページ上部へ戻る