仮想通貨への流出続くFX取引 3年連続前年割れ

日経新聞は外国為替証拠金(FX)取引から仮想通貨取引へ投資家が流れ動きが止まらないと31日付の日本経済新聞が報じました。
日経新聞が金融先物取引協会のデータとして今年11月末まで、FXの取引金額は3711兆円。前年同期比で9%のマイナスだった。17年の取引金額を超えるには、12月だけで約600兆円と今年平均の337兆円を大幅に超える取引が必要になるため、3年連続で前年割れになる可能性が高い。

FXとは?


「Foreign Exchange」の英略です。正式には「外国為替証拠金取引」といいます。「外為(がいため)」の略称でも呼ばれています。
ドルやユーロなどの外国通貨(為替)を交換・売買し、その差益を目的とした金融商品です。FXでは外貨預金と違い、売買する外貨相当の日本円を入金する必要はなくレバレッジ(=てこの原理)を利用し、少額の資金(証拠金)で取引をすることができます。

仮想通貨FXとは?


仮想通貨FXとは、実際に仮想通貨を売買するのではなく、将来の値上がり・値下がりを見込んで買い注文または売り注文により「建玉」を保有し、建玉を決済することで価格変動の差額分だけ受け取る証拠金取引です。日本でも幾つかの取引所でサービスを提供しているが海外のFX業者では100倍のレバレッジができる取引所もあるため海外の取引所を使っている人も少なくない。

24時間の出来高85億ドル


海外の取引所でビットメックスという取引所は、先日日本への進出の報道がされていましたが、最大100倍のレバレッジができ人気のFX取引所ですが、
CEOは、先月コインテレグラフ取材で今年24時間の出来高が85億ドルと過去最高を記録したことを明かした。

日本は世界でも有数のFX規模を持つ


日本は世界でも有数のFX市場であるが今までFXを行なっていた人が仮想通貨の取引に移行しているという話をよく聞くことがあったが、今回のニュースを聞く限りその動きは実際に数値として出て来ているということになる。ただし、よく言われるのが仮想通貨の場合は相場の動き自体がまだ難しくFXをしている人からまだ分からないという話も聞くがある一定のテクニカルな分析が仮想通貨でも使えることがわかればさらなる投資家をFXから獲得することで市場も活性化することを期待したいともいます。

友だち追加