年末年始に是非みてもらいたいブロックチェーン関連映画

年末年始の正月休みの時に映画を見るなどして時間を過ごす方はいると思いますが、是非このお休みにみてもらいたい映画を紹介したいと思います。今回ご紹介する映画は仮想通貨を投機的なものでなく仮想通貨の始まりやブロックチェーンについて考えさせられる機会を提供してくれます。この機会に改めて仮想通貨とは何か?開発者がどんな思いや哲学を持って取り組んできたものかなど知ってみるのも良いと思います。

仮想通貨ビットコイン


この映画は、netflixで見ることができます。ビットコインが始まった当初から仮想通貨に携わる人々のインタビューやsatoshi nakamotoが誰かなどドキュメンタリー形式の映画です。ご存知の方も多いと思いますがロジャーバーなどもインタビューに出演しています。本作の中では、ビットコインの誕生時からそれに関わった人がどのような経験をしどのような思いを仮想通貨に抱いているかなど様々な意見を聞く機会になると思います。これまで仮想通貨を何となく投資対象とみていた人は改めてなぜ仮想通貨に投資をするのか考えてみてはいかがでしょうか?

シリコンバレー シーズン5


この映画は、シリコンバレーが舞台でシーズン1から5までamazon primeで配信されている映画である。内容はコメディ仕立てになっているが実際にあるテクノロジーを題材としてスタートアップのベンチャー企業と大手企業とのサービス競争をコミカルに描いたものです。シーズン1〜4まではPtoPやクラウドサービスなどで大企業と競争を挑むのですが、シーズン5はブロックチェーン技術をベースとした題材となっています。ブロックチェーンのサービスの話だけでなく実際にICOを行なって資金調達を試みるなど仮想通貨についていくつか網羅しているところは仮想通貨に詳しい人もあまり良く分からない人も面白く参考になると思います。

仮想通貨とは何か?を本当の意味を考えてみる


ブロックチェーンや仮想通貨は技術的なところがどうしても理解できない人は多いと思いますが、その哲学や思いまた利用などを知ることで違った考え方ができる機会としてこの年末年始の時間を使ってみてはどうでしょうか?ビットコイン夢と未来とシリコンバレーは共に仮想通貨側に立った描き方をしているのは確かですが、それぞれのアプローチでブロックチェーンと仮想通貨とは何かが自分なりに考えてみる機会としてお楽しみください。

友だち追加