2019年は、メガバンクもブロックチェーン決済ネットワークを開始予定

2019年は、恐らくサービス競争において重要な年になると思われます。昨年がある意味ビットコインなどの仮想通貨が注目を浴びる最初の年となりICOや取引所のハッキングなどどちらかというと投資の観点で話題になった。そんな中でいくつかの大手企業がブロックチェーンに関する実証実験や構想を発表し着々と準備をしてきた年でもありました。今回はそんな中で恐らく大きな話題になるであろうプロジェクトを紹介してみたいと思います。

三菱UFJ銀行が発行する「MUFGコイン」


三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)が昨年5月にAkamai Technologiesと共同で新型ブロックチェーンを開発したと発表した。
Akamaiといえば、動画やゲームコンテンツを配信するなど大容量のコンテンツを配信するためによく使われるCDN(コンテンツ・デリバリー・ネットワークの略)の最大手でアメリカに上場している会社でブロックチェーン関連銘柄としても大変注目を集めている企業です。このブロックチェーンでは、決済処理速度は2秒以下、取引処理性能は毎秒100万件超を実現するという。例えば他の仮想通貨との比較ですとビットコインが1秒間に3〜4回程度、イーサリアムー1秒間に20回程度、リップルー1秒間に1500回程度、EOSー1秒間に100万回以上です。MUFGが持つペイメント事業に関するノウハウと、Akamai Technologiesが持つ全世界に展開するクラウド基盤を生かしたブロックチェーン技術を融合させることにで、2019年度以降、IoT時代の決済に対応した取引速度と処理容量を備えたペイメントネットワークのサービス提供を目指すという発表です。トランザクションは、機能拡張により毎秒1000万件超への展望も可能だという。そのブロックチェーンネットワークは、三菱UFG銀行のデジタル通貨資産である「MUFGコイン」が使われると言われておりMUFGコインは、日本円と1対1で固定されていて先日の掲載した「ステーブルコインとは?その代表格のUSDTを紹介」の記事内で紹介したUSDTやUSDtetherがドルにペッグしているのと同様です。「MUFGコイン」をスマートフォンにダウンロードできるので、小額決済やP2P送金、オンラインショッピングなどに利用できる。 三菱UFJ銀行は、2019年初めに、東京のいくつかの一部の加盟店で、約10万人の口座保有者を対象に、パイロット試験を計画しているようである。

みずほ銀行とゆうちょ銀行が主導で発行する「Jコイン」


先日は日本経済新聞の報道によると2019年3月にデジタル通貨を発行することを決めたようです。こちらも同様に「Jコイン」の場合は、日本円にペッグされており買い物などの決済に利用できるほか、送金手数料を無料とする。サービスを利用できる加盟店に対し、クレジットカードを大きく下回る水準の手数料をにすることで、導入を促進するようです。同銀行は、「Jコイン構想」を掲げており、約60の地方銀行も参加し、現金を使わないキャッシュレス決済の普及を目指すとされ、メガバンクが取り扱う初めてのデジタル通貨になるという。「Jコイン」構想は、みずほ銀行やゆうちょ銀行が主導で進めており、ビットコインのように相場に連動して価格変動する通貨ではなく、日本円の価値と連動・等価交換できる、電子マネーのように使用可能なデジタル通貨の仕組みとしている。今年3月には、みずほFG、みずほ銀行、東邦銀行が共同で取り組む「キャッシュレス決済の実証実験」のためにブロックチェーン事業に積極的な事業展開を行なっているメタップスの子会社が提供するスマートフォンのウォレットアプリ「pring(プリン)」の採用が決定しているようです。サービスとしては、銀行口座からの入金・個人間送金・加盟店決済・銀行への戻入れなどの機能があって当初は福島県での実験を予定しているようです。

注目は、パブリックなサービスとなり得るのか?


ブロックチェーンの普及という意味においては、とても注目されるサービスであることが確かである。但し、民間の中央集権的なサービスの象徴として取り上げられる銀行がこのようなサービスを提供するということに対して様々な意見がかわされることでしょう。現在、仮想通貨やブロックチェーンの技術は透明性や非中央集権型の技術として支持されている部分が多いにある。こういった部分において本2つのプロジェクトがどのような答えを持っているのかなどとても興味がある人は私だけでなく多くの人が意見を聞いてみたいと思っていることでしょう。

友だち追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2019-2-17

    【XEXトレード必至】CROSS exchange トレードキャンペーンを発表!

    CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…

おすすめ記事

  1. CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…
  2. 暗号資産取引所のCROSS exchange(crossexchange.io)が2019年2月10…
  3. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
  4. ブロックチェーン技術の発展に伴い、組織やシステム内に管理者がいない「非中央集権」の認知が高まっていま…
  5. アセットバックトークン、いわゆる資産担保型の仮想通貨をご存知でしょうか。クロスエクスチェンジがアセッ…

話題をチェック!

  1. CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…
  2. 暗号資産取引所のCROSS exchange(crossexchange.io)が2019年2月10…
  3. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
ページ上部へ戻る