暗号資産分散取引所(DEX)の現状と以前話題になったクリプトブリッジのBCOステーキングの新情報

仮想通貨の取引所がハッキング被害にあうことも珍しくなくなった昨今ですが、一時期は国内でもDEX(分散型取引所)に仮想通貨をおいておいたりする方が安心だという人も多く散見されました。

最近のDEXの動向まとめ

2017年の熱狂から2018年という仮想通貨の一時的な大ブームメントが一旦収まりつつも、各DEX自体は運営を含めて活動はしているようです。
しかし、流動性の問題などで手数料を上げざるをえなかったり、イーサデルタの件の様に、法律の視点から考えて運営していく立ち位置は以前よりも難解になってきているのかもしれません。

とはいえ、分散型取引所は臨時的な仮想通貨の保管場所としてもある意味で融通が利きやすいですし、すぐに利用ができるDEX取引所はまだまだ利用、そして普及もしていくだろうと考えられます。
Wavesの様に、最近になってBinanceなどのペア追加などのニュースも実際にありました。
また、今回メインでお話しさせてもらったBCOのステーキングが旧参加者に有利に働くなどもあり、DEXという、一つのジャンルとして情報を追っていくことは必要だと考えられます。

2019年のDEXの動向

ここからは簡単に、国内で知名度と利用度が高いであろうDEXに関しての最近の情報を比較形式で進めていきたいと思います。

イーサデルタ


イーサデルタと言えばDEXとしてはかなり有名かもしれませんが、取引形態自体は事実上の中央体が存在する形態だったとして、2018年11月前後にSECにより未登録の国家証券取引所運営ということで告発を受けて代表が罰金刑(約4500万)になっています。

ウェーブスクライアント


Wavesを発行もしている分散型取引所を含めた総合プラットフォームです。
Waves上で独自のトークンを発行できる機能や、ユーロやドルに対応しているのがDEXの中では珍しいです。
2019年1月18日付けで、世界的大手取引所BinanceでWavesペア4種が追加されています。

BitShares


クリプトブリッジも、DEXの仕組み上BitSharesの取引所でのアカウントとパスワードが同一のものを使えるので、両方に注意喚起です。
この2つの取引所で最近起きている無差別な攻撃があるようです。
「アカウントの権限を変更するという提案 (Proposal)」 を無差別に送りつけて、間違って承認してしまったアカウントを乗っ取るという無差別攻撃が発生しているようです。
発生件数は多くはなさそうですが、心当たりのない提案 (Proposal) は絶対に承認 (Approve)をしないように気を付けましょう。

クリプトブリッジの手数料の引き上げニュース


そんなDEXの一つに「クリプトブリッジ」というDEX取引所がありますが、こちらの取引所で行うことができるBCO(プラットフォーム独自のコインで「ブリッジコイン」)のステーキングについての新情報が先日発表されましたのでその変更点について紹介させて頂きます。

2月14日にクリプトブリッジのニュースレターで、手数料が大幅に引き上げられるとの告知がありました。クリプトブリッジはBitSharesをベースにできているため、取引手数料はBTSで支払う形になっていますが、すべての取引においてBTSでの手数料が4.36増加するという内容の記載がありました。実質的に大きな値上げになっているようです。

<クリプトブリッジのステーキング期間変更と手数料の改定

まず、クリプトブリッジのステーキングというものですが、クリプトブリッジでは独自のコインであるBCO(ブリッジコイン)をステーキング(一定期間預けておくこと)によって、期間に応じて報酬が得られるPOSの様な仕組みを持っています。
そのステーキング期間が、昨年末改定されて、旧インセンティブ制度での預け入れ最長1年から、さらに長い期間預け入れられるようになっています。

クリプトブリッジのステーキング新インセンティブへの変更

それでは、新インセンティブ制度を見てみましょう。

【クリプトブリッジ新インセンティブ】
1ヶ月:+0%
3ヶ月:+20%
6ヶ月:+50%
12ヶ月(〜1年):+100%
【ここから下が新しく制定された期間】
12ヶ月(〜1年3ヶ月):+125%
12ヶ月(〜1年6ヶ月):+150%
12ヶ月(〜1年9ヶ月):+175%
12ヶ月(〜2年):+200%
12ヶ月(〜2年3ヶ月):+225%
12ヶ月(〜2年6ヶ月):+250%
12ヶ月(〜2年9ヶ月):+275%
12ヶ月(〜3年):+300%
12ヶ月期間ステーキングの場合は、最初の1年は資産固定されて、経過1年以後は払い戻し可能

となっており、去年あたりから期間1年で預け入れしている人は、その後もインセンティブが上がっていく仕組みに変更されているので、解約の必要がないならそのままにしておくことが望ましいです。

知らずに解約してしまったということがないようにしましょう。

しかし、この変更に関しては、賛否両論があったようです。
というのも、細かい計算過程は省きますが、今回の新インセンティブへの変更は、長期でステーキングを行っている人には有利になります。
これから新規に参入しようという人に関しては旧制度の方が待遇が良かったという変更になっているため議論が起きたようです。
こういった変更は今後もあり得るため情報収集は必須と言えます。

友だち追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2019-3-5

    【確実にもらえる8万円相当】ホワイトデーは3倍返し♪♡ギフトBOXキャンペーン♡

    【追記】ホワイトデーギフトBOX:90XEX+αが追加されました! スケジュール 3/6 1…

おすすめ記事

  1. 【追記】ホワイトデーギフトBOX:90XEX+αが追加されました! スケジュール 3/6 1…
  2. 暗号資産取引所CROSS exchangeにて期間限定で開催される「再自動ロックアップキャンペーン」…
  3. 中東のアゼルバイジャンに拠点を置いているCROSS exchangeがトロンとBitTorrentの…
  4. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
  5. ブロックチェーン技術の発展に伴い、組織やシステム内に管理者がいない「非中央集権」の認知が高まっていま…

話題をチェック!

  1. 【追記】ホワイトデーギフトBOX:90XEX+αが追加されました! スケジュール 3/6 1…
  2. 暗号資産取引所CROSS exchangeにて期間限定で開催される「再自動ロックアップキャンペーン」…
  3. 中東のアゼルバイジャンに拠点を置いているCROSS exchangeがトロンとBitTorrentの…
ページ上部へ戻る