CROSS exchangeがXEXファンド資金の銘柄を一部変更した事を発表!!

中東のアゼルバイジャンに拠点を置いているCROSS exchangeが4月24日にXEXファンド資金の銘柄の一部の変更を発表しました。今回はCROSS exchangeユーザーの皆様とまだCROSS exchangeを利用した事の無い方にも分かりやすい様にご紹介いたします。

CROSS exchangeとは

CROSS exchangeとは取引プラットフォーム、トランザクションデータなどをユーザーに開示することで透明性を保つとともに、アゼルバイジャン共和国にて仮想通貨の金融ライセンス第1号を取得し取引所としての堅牢性にも力を入れています。また、独自トークンによる手数料配当や、他の取引所ではみられない「自動マイニング」機能により、ユーザーへ利益を還元する仕組みが多いことも特徴として挙げられます
また、CROSS exchangeはほかにも高セキュリティな暗号資産wallet【X wallet】の開発なども手掛けていますでは先日上場したLIBERTY(LES)が初日50000%の上昇を一時見せ、大きな話題となりました。

XEXファンドとは

CROSS exchangeでは現物トレードをする毎に手数料と倍額相当のXEXトークンが発行されます。その時に半分のXEXトークンはトレードをした人に還元され、残り半分のXEXトークンは運営に付与されます。運営はそのXEXトークンの40%をファンド枠にストックしています。

現在XEXファンドの金額は約7億円

2018年11月25日から正式に稼働しているCROSS exchangeでは、今日まで(2019年4月24日時点)でのXEXファンドの資金は約7億円らしいです。今回はその内約1億円分の銘柄を変えました。

交換したコイン 7銘柄:数量

MONA :6500

LTC :300

REP: 130

ETH: 5200

NEO: 170

LSK:11700

ZEC: 40

交換後

BTC: 123.7433

USDT:294,103.8095

4/22日にCROSS exchangeのレートでUSDTとBTCに交換したようです。

交換後のファンドの内訳は公式サイトから確認できます。

fundjp.png

ファンド口座の配当プール資金(2019年4月23日現在)

ファンド資金調整の理由

CROSS exchangeのXEXファンド資金は基本的にユーザーに返還する考えです。今回のファンド銘柄調整の理由はいかの通りです。

①運用する事でファンド資金を増やし、ユーザーに返還する。

②XEXの買い上げ&BARNに使用する為。

ファンド銘柄の調整はこれから月一程度

今回のアナウンスではこのファンド銘柄の調整を月一程度するという事も言っています。

まとめ

このようなアナウンスをしてくれる事はユーザーやこれからCROSS exchangeを利用しようか迷っている人に安心感を与えてくれると思います。また、40%の資金で7億円という事はCROSS exchangeの5カ月での取引所収益は17.5億円という事になります。利用しているサービスの財務状況を知っておくのも投資家としてとても大切な事だと著者は思います。

友だち追加