Yahoo!が仮想通貨交換業を買収報道にビットアルゴ社が反論コメント!

Yahoo!が2018年4月にすでに仮想通貨交換事業者の登録を受けている「ビットアルゴ取引所」の株式をYahoo!の100%子会社でFX業者の「ワイジェイFX株式会社」を通じて40%取得し、資本提携することが報じられました。

株式会社ビットアルゴ取引所東京
住所:151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-3-2
登録番号:関東財務局長第00011号

ビットアルゴは平成29年12月1日に、登録された会社で9月29日に登録された会社の次にリストインした会社です。現在取り扱い銘柄はビットコイン(BTC)のみ

【金融庁】➡仮想通貨交換業者登録一覧

今後仮想通貨交換業に参入するハードルはどんどん高くなります。登録申請~受理をされたとしても、現在登録を待っている企業が100~200にも上るといわれてるので、その待機時間を買ったのでは?と報じられています。

ビットアルゴ社がコメント

しかしこの報道の直後、ビットアルゴ社から否定とも取れる発表がありました。

本日の日本経済新聞社の報道について
本日(3月23日18:00)、日本経済新聞において、
当社がワイジェイFX株式会社(ヤフー株式会社100%子会社)から
出資を受入れ、資本提携を行うとの報道がなされましたが、本件は当社が発表したものではありません。
当社は、昨今の仮想通貨業界を取り巻く環境変化を踏まえ、システムや経営の一層の強化を図るべく、
他社との資本業務提携を含めて、様々な可能性を検討していますが、現時点で決定したものはございません。

今後、公表すべき事実を決定した場合には、速やかに対応したします。

平成30年3月23日
株式会社ビットアルゴ取引所東京 代表取締役 尹 煕元

◎参照元➡本日の日本経済新聞社の報道について

このように情報が錯綜していますが、コインチェック問題以降「仮想通貨交換業」の登録は日に日に難しくなっています。

・ユーザー側は「資産を安全・安心に管理してくれる業者を選びたい」
・金融庁は「業者に顧客保護・セキュリティ強化などちゃんとやってほしい」

というスタンスなので今後は「既存の登録事業者が大手企業に買収される」という事例が増えるのではないでしょうか?

友だち追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2019-2-17

    【XEXトレード必至】CROSS exchange トレードキャンペーンを発表!

    CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…

おすすめ記事

  1. CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…
  2. 暗号資産取引所のCROSS exchange(crossexchange.io)が2019年2月10…
  3. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
  4. ブロックチェーン技術の発展に伴い、組織やシステム内に管理者がいない「非中央集権」の認知が高まっていま…
  5. アセットバックトークン、いわゆる資産担保型の仮想通貨をご存知でしょうか。クロスエクスチェンジがアセッ…

話題をチェック!

  1. CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…
  2. 暗号資産取引所のCROSS exchange(crossexchange.io)が2019年2月10…
  3. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
ページ上部へ戻る