国内の暗号通貨、ブロックチェーン業界の最前線「HashHub Conference 2018 ~暗号通貨の今とこれからを考える~」

PRタイムズによると、ブロックチェーンを短期間で習得し、ビジネスの場で活躍する即戦力の育成を行うブロックチェーン総合スクール「FLOCブロックチェーン大学校」(https://floc.jp/)を運営する株式会社FLOC(本社東京都新宿区/代表取締役:泉正人)は、

7月21日(土)に東京大学 伊藤謝恩ホールにて行われた株式会社HashHub主催のカンファレンス「HashHub Conference 2018~暗号通貨の今とこれからを考える~」にFLOCブロックチェーン大学校校長ジョナサン・アンダーウッドが登壇したことを報告しました。


左端:ジョナサン・アンダーウッド氏(FLOCブロックチェーン大学校校長)

 ジョナサン氏はビットコイン研究者であり、多数のオープンソースのビットコインウォレットプロジェクトにも参加しています。
「HashHub Conference 2018~暗号通貨の今とこれからを考える~」においては、最前線を走る専門家の一人として「BitcoinとEthereumの技術アプローチ比較とスケーラビリティソリューションの考察」をテーマにパネリストとして登壇し、業界の最前線を走る技術者と共に、Ethereum可能性を中心にフルノードの同期、プライベート及びパブリックサイドチェーン、スケーラビリティのコスト、マイクロペイメントの有用性などの技術の現状や課題について、ディスカッションを行いました。

■「HashHub Conference 2018~暗号通貨の今とこれからを考える~」について
今回のカンファレンスは、テクノロジー、セキュリティー、マーケット、法規制、税務、経済など仮想通貨に関連する様々な分野から業界を牽引する専門家を招き、多角的に仮想通貨やブロックチェーン業界の現状/課題について把握するとともに、最先端のセカンドレイヤー技術やDappsを中心に、今後ブロックチェーン技術がどのように進歩し、ビジネスや社会に影響を及ぼすかを考察したものになります。
HashHub Conference 2018 より抜粋

<FLOCブロックチェーン大学校 概要>

FLOC 
世界でブロックチェーンの技術者が圧倒的に不足している中、日本においてはブロックチェーンを理解できるエンジニアはまだ少なく、エンジニアが学ぶことができる場も少ないのが現状です。その中でFLOCブロックチェーン大学校は、”未来を創る人を、つくる(Create Creators)”をミッションに掲げ、ブロックチェーン技術の速やかな普及とブロックチェーンのプロフェッショナルの輩出を目的としています。最速3ヵ月で実践的なブロックチェーン技術が習得可能な人材育成スクール事業及び技術者を必要としている企業との人材マッチングを行っています。

友だち追加