保有残高や取引記録などが公開されない匿名性通貨とは?

暗号資産は透明性がある取引が特徴ですが、一方で取引内容が他人から見えてしまうリスクも秘めています。

そこで生まれたのが、匿名性を秘めている暗号資産です。個人間の取引内容を匿名にすることで、情報漏洩をせずに取引ができます。

まだまだ法制度が整っていない暗号資産の業界では、匿名性通貨マネーロンダリングに活用される可能性もあります。
法制度が整えばより、匿名性通貨の価値は高まってくるでしょう。今回はそんな匿名性通貨をいくつか紹介します。

Zcash


https://z.cash/ja/

Zcashは2016年に公開された暗号資産で、匿名性の高い暗号資産の代表格として知られています。

Zcashはゼロ知識証明という技術が有名で、この技術があるからこそ匿名性の高い暗号資産として知られています。

ゼロ知識証明とは、トランザクションの内容を匿名にしたい時、承認ノードからはトランザクションの内容が見れないようにする時に必要な証明方法です。

トランザクション内にある「ハッシュ」という文字列を活用します。実際のハッシュの値を公開せずにハッシュの存在を証明します。

ハッシュの値を別の値に切り替えてハッシュ変更の規則やハッシュ変更後の値などの問いかけを連続で行なった結果、元のハッシュの値を見つけ出すことができます。

これがゼロ知識証明のメカニズムです。しかし、このゼロ知識証明は処理に時間がかかってしまい、暗号資産を管理するウォレットに負担がかかってしまうことがデメリットとされています。

このゼロ知識証明に加えてシールドアドレスやエクイハッシュなど、匿名性を維持する技術も導入されており、プライバシーを守るための技術が揃っています。

他の暗号資産と比較すると、「アドレス」や「履歴」、「数量」全てを匿名にするので、圧倒的に匿名性が優れている暗号資産となります。

Zcashは開発も進められており、利用ユーザーも増え続けています。今後も成長を続けていくと注目されている暗号資産なので、随時ニュースをチェックした方が良いでしょう。

Verge


https://www.theverge.com/

Vergeも匿名性が高い暗号資産として有名です。Vergeは「IPアドレス」「送金内容」「送受信者情報」を匿名にすることが可能です。
Vergeが他の匿名性を持っている暗号資産と違う点はレイスプロトコルという技術が組み込まれていることです。

レイスプロトコルはブロックチェーン上で匿名性のある取引と匿名性のない取引を切り替えることができます。

そのため、匿名性を持たせたい取引と透明性を持たせたい取引どちらにも対応可能です。この技術は他の暗号資産にはありません。

VergeはToRとI2Pという技術に支えられています。

「ToR」は匿名通信を行うためのソフトで通信経路自体を匿名にするのでIPアドレスが全くわからないものになります。

しかし、通信内容は匿名されないので、送信内容のみが公開したいときに便利です。

「I2P」はToRと似たような技術ですが、「IPアドレス」「送受信者情報」「送金内容」全てを匿名にする技術です。

結果的に送金があった当事者しか理解できない通信内容となります。

Vergeはレイスプロトコルの存在が多くの投資家からも評価されており、まだまだ地目処は低いものの期待されている暗号資産です。

Beam


https://beam.apache.org/
Beamという暗号資産はまだまだ若い暗号資産で知っている人も少ない暗号資産です。スケーラブルな匿名化技術である「Mimblewimbleプロトコル」という技術を実装しています。

Mimblewimbleプロトコルはアドレスなしで送金することが可能な技術です。既存のアドレス使用することはなく、一定時間有効な文字列を活用してウォレット同士を作用させて送金を成り立たせます。

普通の暗号資産は送信先のアドレスを元にしてトランザクションを送信者が作成します。しかし、Beamでは送信者と受信者が互いに協力してトランザクションを作成します。

そして、トランザクションがブロックに組み込まれた時点で秘匿数式だけがブロックチェーンに残ります。これによってトランザクションという単位でのやりとりを終える形になります。

ここまでの情報も一切残らないので、どのウォレットからどのウォレットに送金された送金されたのかもわからなくなります。

これによってブロックに記録する情報を減らすことができるので、ブロックサイズの縮小ができます。そのため、スケーラビリティも非常に高いです。

このようにスケーラビリティの向上と匿名性の高さを両立させているのが「Mimblewimbleプロトコル」です。

それ以外にもデスクトップでもスマートフォンでも利用できるのでユーザビリティが高かったり、汎用性が高かったりなど優秀な暗号資産であることは間違いありません。

そんなBeamですが、現在リクルートから出資を受けたことが注目を浴びています。匿名性を持っている暗号資産の中では今最も注目が集まっている暗号資産といっても過言ではないでしょう。

Quras


https://quras.io/
QURASは現在開発中の暗号資産で、数あるスマートコントラクト技術を活用したブロックチェーンプラットフォームの中でも、世界で初めて匿名トランザクションを実現した暗号資産です。

匿名トランザクションのことをQURASのプラットフォームの中ではシークレットコントラクトと呼んでおり、匿名性の高いシステムを構築しています。

ブロックチェーン技術は透明性が高く、みんなで監視をしようという仕組みが暗号資産を支えていると言っても過言ではないでしょう。

しかし、一方でこのブロックチェーン技術はプライバシーの侵害をもたらすという見方もあります。

この問題を解決するために立ち上がったのがQURASという暗号資産です。

QURASは主にゼロ知識証明とリング証明の2つの匿名技術を使用しています。

先ほど、「ゼロ知識証明」に関しては説明しましたが、ゼロ知識証明のデメリットを解決するのが「リング証明」です。

一般的に暗号資産を送金する場合は、自分のウォレットの秘密鍵を署名して送金作業に入ります。しかし、秘密鍵から誰が送金を行なったのかわかってしまいます。

リング署名は署名を行う際にランダムで複数人のグループを作り、ダミーのワンタイムアドレスを生成してそのアドレスから送金処理を行います。

このワンタイムアドレスも使い捨てなので、送金先も一切分からなくなります。

また、ストレージファイル共有機能を扱うことができます。すでにストレージファイル共有サービスは多数ありますが、QURASは分散型のサービスとなります。

分散型のストレージファイルサービスにすることでハッキングなどに対して強い耐性を持つことになります。

他にも優秀な特徴を持っている暗号資産で、金融ジャンルで活躍することが予想されています。

ネット上ではマルチ商法などの噂も多いですが、信ぴょう性は高い暗号資産と言えるでしょう。

友だち追加