クロスチェーンとは

クロスチェーンとは、異なるブロックチェーン同士をまたぐことを言います。クロスチェーン取引が可能になれば、コインの交換に取引所を介す必要がなくなり、接続性やコスト面、セキュリティ面の向上が期待できます。

しかし、取引所を介さないとなると、取引相手が信頼できる人でなければなりません。つまり取引が確実に行われるか、バックれられないかなどの課題がありました。

これらの課題を解決してクロスチェーンを実現するため技術が、「アトミックスワップ」です。そのアトミックスワップについて説明していきます。

 

アトミックスワップとは

アトミックスワップとは、相手を信用する必要がないトラストレスな取引を行う方法です。暗号化技術を用いることで、お互いに信用がない状態でも確実に取引することができます。2017年には世界初となるアトミックスワッップがビットコインとライトコインの間で成功しています。

アトミックスワップの仕組み

アトミックスワップの仕組みを簡単に説明していきます。

下の図でAさんとBさんがBTCとXRPを交換しようとしています。

まず、AさんがBTCをBさんに送ります。その際に、それを受け取る条件として、「Aの秘密鍵を持っている」&「Bの署名が必要

という2つの条件を設定します。それによって、まだBさんは「Aの秘密鍵」を持っていないためBTCを受け取れず、またAさんも「Bの署名」が無いためBTCの送金を取り消すことができません。

その後、BはAにXRPを送ります。その際に、「Aの秘密鍵を持っている」&「Aの署名が必要」という条件で送金します。この条件でAはXRPを引き出すことができます。ここで重要なのは、Aが鍵を開ける時に「Aの秘密鍵」が公開されるということです。「Aの秘密鍵」が公開されたことによって、Bもそれを使ってBTCを引き出すことができるようになりました。

もしどちらもコインを取り出さなかった場合は、一定の時間を過ぎると元に戻ります。

 

クロスチェーンが作る未来

クロスチェーンの開発は盛んに行われており、「Polkadot」,「COSMOS」など有望なプロジェクトも出てきました。クロスチェーンによってブロックチェーンがインターネットのように張り巡らされ、利用用途によってコインを使い分けるといったことが簡単にできるようになるでしょう。

友だち追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2019-2-17

    【XEXトレード必至】CROSS exchange トレードキャンペーンを発表!

    CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…

おすすめ記事

  1. CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…
  2. 暗号資産取引所のCROSS exchange(crossexchange.io)が2019年2月10…
  3. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
  4. ブロックチェーン技術の発展に伴い、組織やシステム内に管理者がいない「非中央集権」の認知が高まっていま…
  5. アセットバックトークン、いわゆる資産担保型の仮想通貨をご存知でしょうか。クロスエクスチェンジがアセッ…

話題をチェック!

  1. CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…
  2. 暗号資産取引所のCROSS exchange(crossexchange.io)が2019年2月10…
  3. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
ページ上部へ戻る