仮想通貨トレードをするなら必須のツール3選

みなさんは仮想通貨トレードをする際にどのようなツールを利用していますか?本記事では、仮想通貨トレードをするなら必須といっても過言ではない厳選ツールを3つご紹介したいと思います。

トレーディングビュー


まずはテクニカル分析のために便利な「トレーディングビュー」についてです。トレーディングビューはウェブブラウザまたはiOSアプリで利用することができるサービスです。有料版もありますが、基本的な機能は無料版でも使うことができます。
仮想通貨だけではなく、株やFXのチャートも見ることができますし、ニュースやSNSのような情報共有機能もあります。
トレーディングビューはワンタッチで、インジケーターを表示させたり(無料版は3つまで)、ラインやテキストを記入したりできるので、未だ会員登録していない方は是非無料登録して使ってみてください。

クリプトプッシュ


クリプトプッシュ」は、仮想通貨資産管理アプリ「クリプトフォリオ」の開発会社が提供するスマートフォンアプリで、仮想通貨の出来高を24時間監視し、プッシュ通知を送ってくれる仮想通貨トレードの補助ツールとして開発されました。
仮想通貨の出来高が大きく変動するということは、その通貨のやり取りされる量が増えているということを意味するので、その後の価格上昇につながるヒントとなることがあります。
クリプトプッシュは自分でチャートにはりついてそれぞれの通貨の出来高を見張っている手間を省き、通知を受け取ることで効率的にエントリータイミングを計ることを助けるツールです。
詳しい使い方については公式サイトで説明されているので、チェックしてみてください。

コイン相場


コイン相場」はICOの情報提供サイトを運営するCOIN JINJAが提供するスマートフォンアプリです。ニュースは「速報」「News」「Column」「ICO」の4種に分かれており、自分の興味があるものについての情報を見やすいようになっています。また、最新記事が追加されたら通知を受け取ることもできます。
仮想通貨トレードにおいてコイン相場のアプリが便利な理由は、価格チャートが取引所ごとに分かれているため、取引所間の価格比較が行いやすいので、アービトラージに適しているからです。
他にも、仮想通貨取引所とAPI連携して資産管理をするポートフォリオや12種類の通貨に対応したウォレットなどの機能を備えています。また、プロジェクトに関するクイズに答えて全問正解すると該当プロジェクトのトークンを獲得することができる「エアドロップQ」というユニークなサービスも行なっています。

このように、現在仮想通貨トレードをする際に便利なツールは色々開発されています。実際に使ってみて自分がトレードしていく上で使いやすいツールを厳選していきましょう。

友だち追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2019-2-17

    【XEXトレード必至】CROSS exchange トレードキャンペーンを発表!

    CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…

おすすめ記事

  1. CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…
  2. 暗号資産取引所のCROSS exchange(crossexchange.io)が2019年2月10…
  3. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
  4. ブロックチェーン技術の発展に伴い、組織やシステム内に管理者がいない「非中央集権」の認知が高まっていま…
  5. アセットバックトークン、いわゆる資産担保型の仮想通貨をご存知でしょうか。クロスエクスチェンジがアセッ…

話題をチェック!

  1. CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…
  2. 暗号資産取引所のCROSS exchange(crossexchange.io)が2019年2月10…
  3. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
ページ上部へ戻る