取引の安全性を保証する「エスクロー」はどんな仕組み?

取引の安全性を保証する「エスクロー」はどんな仕組み?

「エスクロー」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。エスクローとは、商品を取引する際に取引の安全を担保するために仲介させる信頼のおける第三者のことです。本記事では仮想通貨を用いた取引においてエスクローをどのような仕組みで実現することができるのかを解説します。

エスクローとは


エスクローとは、取引においてトラブルが生じないように商品を取引する際に買い手と売り手の間に立てる仲介者のことです。
単語を聞いてもピンとこないかもしれませんが、エスクローは近年インターネット上での取引でよく用いられています。
フリマアプリや、インターネットオークションサイト、クラウドソーシングサイトなどで利用したことがある方もいるのではないでしょうか。

エスクローの流れ

エスクローの流れは、まず買い手が注文した商品の代金をエスクローに預けます。
エスクローは入金を確認し、売り手にそれを報告します。売り手は買い手が注文した商品を発送し、買い手は商品を受け取るとエスクローにそれを報告します。
エスクローはその報告を受けて、買い手から預かっていた代金を売り手に送金します。以上でエスクローを用いた取引が完了します。
仲介者がいることで、買い手が商品代金の入金をしないと商品が発送されることはなく、また買い手が無事商品を受け取らないと売り手は代金を受け取ることができません。
この仕組みによって、売り手は商品を発送したが代金が未支払いであるという事態を避けることができ、買い手は希望していた商品と異なるものを売りつけられるリスクを減らすことができます。

仮想通貨とエスクロー


従来のエスクローエージェントを介した取引の場合、買い手はエスクローに代金を預け、取引が成立すれば売り手に代金を送金し、成立しなければ買い手に返金するといった金銭の移動や手続きをすることになります。しかし、ブロックチェーンを用いると、この取引をもっと効率的に実現することができるようになります。
そのために、ビットコインなどのマルチシグネチャの単一の署名では契約が完了せず、複数署名が必要である仕組みを利用します。
買い手、売り手、エスクローがそれぞれプライベートキーを持ち、2つのプライベートキーがあれば資金にアクセスすることができるマルチシグアドレスを用意します。
まず買い手がこのアドレスに代金を送金し、売り手はそのアドレスへの送金を確認して、商品を発送します。買い手は商品を受け取り、売り手への送金トランザクションに署名を行います。その後、売り手もおなじトランザクションに署名を行うと、プライベートキー2つで署名が行われたことになるので、代金が売り手に送金されます。
取引に問題が発生した場合は、もう一つのプライベートキーを持つエスクローが間に入り、それを解決します。
たとえば送金したにも関わらず商品が届かない場合、買い手とエスクローが買い手への送金トランザクションに署名し、代金が返金されます。
商品を受け取ったにもかかわらず買い手が売り手への送金トランザクションに署名を行わない場合、売り手とエスクローが署名することで売り手は代金を受け取ることができます。
従来のエスクローを用いた取引に比べ、エスクローの介入部分が少なく、取引の効率化、手数料の低減につながります。

このように、エスクローにブロックチェーンや仮想通貨を用いると、従来の取引よりもコストが大幅に削減できるため、これからインターネット上の取引でブロックチェーンを利用したエスクローが主流になっていく可能性があります。
また、取引履歴が改ざん不可能なデータとしてブロックチェーン上に記録されるため、売り手や買い手の信用度の証明にも役立つのではないかと期待されています。

友だち追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2019-2-17

    【XEXトレード必至】CROSS exchange トレードキャンペーンを発表!

    CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…

おすすめ記事

  1. CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…
  2. 暗号資産取引所のCROSS exchange(crossexchange.io)が2019年2月10…
  3. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
  4. ブロックチェーン技術の発展に伴い、組織やシステム内に管理者がいない「非中央集権」の認知が高まっていま…
  5. アセットバックトークン、いわゆる資産担保型の仮想通貨をご存知でしょうか。クロスエクスチェンジがアセッ…

話題をチェック!

  1. CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…
  2. 暗号資産取引所のCROSS exchange(crossexchange.io)が2019年2月10…
  3. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
ページ上部へ戻る