ガチホしながら複利を狙える仮想通貨のレンディングとは?

国内仮想通貨交換業者:ビットバンク(bitbank.cc)が2018年4月からレンディングサービスを始めます。仮想通貨事業でのレンディングは、自分の持っている仮想通貨を期限付きで他の人に貸し出し、複利で増やすという方法です。このしくみはCoincheckにもありますが、NEMハッキング事件以降ちょっとお勧めしにくい状況です。


ビットバンクは6種類8銘柄の仮想通貨を取り扱ってますが、とりあえず4月は「ビットコイン」のみ貸し出しをスタートさせるようです。

実際、将来的に上昇すると予想して仮想通貨を長期保有している人なら、トレードリスクを避けそのまま一定期間、手持ちのBTCを貸し出すだけで利息が貰えたらかんたん、安心にビットコインを増やせます。そのビットバンクの貸仮想通貨サービスの詳細を見てみましょう。

レンディングの詳細

口座にある仮想通貨を貸して増やす

対象者:ビットバンクのユーザー
「仮想通貨貸借取引契約」を締結し、最大5%の料率(利用料)を乗じた仮想通貨を、1年後に受け取ることができるサービス

期間満了(満期)
・募集月ごとにBTCを口座に返却(ビットバンクの利用料が加算される)

貸し出すだけで仮想通貨が貰える

・貸し出し数量に応じて3〜5%の利用料を受け取れる

ビットバンクに口座を持っていればすぐに始められる

・もちろん貸し出し可能なBTCがないとダメ

リスクは?

・預金に類似する商品ではない、預金保険の対象にもならない
・価格変動リスク(貸出時よりもBTC価格が下がることも)
・貸し出し中はロックされるので解約しない限り、出金できない
・資金決済法上の仮想通貨交換業にあたらないため、分別管理の対象にならない
・バグによる返却されないリスク
・取引所の倒産リスク

気になる料率は?


出典:bitbank blog
・BTCの数量によって料率化変わります。1BTC以上5BC未満=3%、5~10BTC未満=4%、10BTC以上=5%
・最少~最大のレンディング申込数量:1~1000BTC

中途解約手数料

中途解約手数料(税込) 5%
(例:当該募集月に貸し出した仮想通貨が1BTCの時、途中解約手数料0.05BTCを差し引いた0.95BTCがbitbank口座に返還されます。)

ちなみにcoincheckの料率は?
・14日間 年率1%/
・30日間 年率2%
・90日間 年率3%
・365日間 年率5%
コインチェックでは、期間によって料率が変わる仕組みです。(2018年3月現在コインチェックの新規募集停止中)

ビットバンクのケースでは1年の途中で解約すると「5%」の手数料がかかるため、10BTC未満のレンディングをやっていた場合、かえって損になる可能性があります。そもそも10BTC以上の高額BTCを取引所に預けっぱなしにしておくのはどうかと思いますが・・・

まとめると

ビットバンクのBTC貸付については、すぐに使わない予定のBTCを1年間ロックさせるか、解約してもプラスになるBTC量で運用するのが望ましいです。(結局のところ、大口さんが儲かる仕組みかも)

友だち追加