mijinを採用した『ブロックチェーン・トレカ』実証実験開始(テックビューロ)

仮想通貨交換事業者ZaifやICOプラットフォームCOMSAでおなじみのテックビューロ株式会社と株式会社アエリアは、ブロックチェーンプラットフォーム『mijin』を利用した『ブロックチェーン・トレカ』に関する実証実験を6月18日(月)から開始することを発表しました。


Tech Bureau,Corp.

「ブロックチェーン・トレカ」とは

(テックビューロ株式会社プレスリリースを掲載)
ブロックチェーン・トレカとは、トレカ=トレーディングカードをゲーム運営会社のサーバー上で管理するのではなく、改竄がほぼ不可能なかたちで記録・流通できるブロックチェーン技術を利用することで、トレーディングカードをデジタルアセットとして一枚単位で登録・発行・流通させる方式を採用したサービスです。

購入したトレーディングカードにはそれぞれ属性があり、使用するカードや属性による相性と、画面をタップするタイミングで勝敗が決まるカードバトルゲームを楽しむことができます。また、一定のポイントが溜まったカードには豪華なエフェクトが付加されます。

※カードの属性、ゲームのポイント、付加されるエフェクトは『ブロックチェーン・トレカ』のゲーム内だけで利用されるものでブロックチェーンに記録されません。記録される情報はカードの保有状況のみとなります(カードの所有者が変わるとカードの属性、ゲームのポイント、付加されるエフェクトはリセットされます)。

こちらが、現在Coming Soon…となっているbct(ブロックチェーン・トレカ)のサイトです↓

bct

プライベートブロックチェーン「mijin®」採用の理由

テックビューロでは、当初イーサリアムを利用することを予定していたものの、アエリアではブロックチェーン技術の活用に力を入れており、『ブロックチェーン・トレカ』以外にもエスクローサービスなど、ブロックチェーン技術を用いたサービスを計画しているため、各種サービスにおいて実証実験を行う際にプライベートなブロックチェーンが適していること、NEMとの互換性が高くパブリックなブロックチェーンにも展開しやすいことから、『mijin』が採用されました。

実証実験は1週間

期間:6月18日(月)~6月25日(月)
この結果をもとに7月に正式サービスを開始する予定

「mijin®」とは?

「mijin」は、クラウド上や自社データセンター内に、企業内や企業間で利用可能なプライベート・ブロックチェーン環境を構築するためのソフトウェアです。既存のデータベースや勘定システムを置き換えて劇的にコストを削減すると同時に、改ざん不可能な高セキュリティ環境が構築できる他、実質的なゼロダウンタイム環境を実現します。「mijin」は「NEM」のコア開発者がテックビューロに合流して開発した、金融機関から電子マネー、認証システム、登記システム、ロジスティクスのトラッキングまで、幅広くご利用頂ける、「NEMプロトコル」を採用した汎用型のプライベートブロックチェーン製品です。

<企業概要>
■ 株式会社アエリア( https://www.aeria.jp )
会社名:株式会社アエリア
代 表:代表取締役会長 長嶋貴之
代表取締役社長 小林祐介
所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂3-7-13 赤坂MHビル4F
設 立:2002年10月30日

■「テックビューログループ」 (https://techbureau.jp/ )
テックビューログループは、日本、北米、欧州に拠点を置き、仮想通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボ(Crypto-Fintech Lab.)です。
プライベート・ブロックチェーン製品「mijin」と仮想通貨取引所「Zaif」や、トークンの発行販売を用いた資金調達ソリューション「COMSA」など、ブロックチェーン技術導入の受託開発やコンサルティングサービスを提供

詳細はテックビューロのお知らせを参照ください。

友だち追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2019-2-17

    【XEXトレード必至】CROSS exchange トレードキャンペーンを発表!

    CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…

おすすめ記事

  1. CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…
  2. 暗号資産取引所のCROSS exchange(crossexchange.io)が2019年2月10…
  3. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
  4. ブロックチェーン技術の発展に伴い、組織やシステム内に管理者がいない「非中央集権」の認知が高まっていま…
  5. アセットバックトークン、いわゆる資産担保型の仮想通貨をご存知でしょうか。クロスエクスチェンジがアセッ…

話題をチェック!

  1. CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…
  2. 暗号資産取引所のCROSS exchange(crossexchange.io)が2019年2月10…
  3. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
ページ上部へ戻る