マルチシグとは?その仕組みやメリットについて紹介

「マルチシグ」という用語をご存知でしょうか。本記事ではセキュリティを向上させる技術であるマルチシグの仕組みやメリットについて解説します。

マルチシグの仕組み


マルチシグとは「マルチシグネチャー」の略で、トランザクションに署名するために複数のプライベートキーを必要とする技術です。1つのプライベートキーで署名をすることができるシングルシグと比較してセキュリティ性が高いだけではなく、プライベートキーを紛失してしまった際にも対応しやすく、マルチシグウォレットなどで利用されている他、堅牢なセキュリティが必要とされる取引所などでも採用されています。
マルチシグアドレスは、複数のパブリックキーが登録されていて、それに対応するプライベートキーの一部または全部によって署名を行うことでトランザクションが可能になります。たとえば、パブリックキーが3つ登録されていて、それに対応するプライベートキーのうち2つがあればトランザクションが可能なものを2of3のマルチシグと呼びます。
シングルシグのアドレスが1から始まるのに対して、マルチシグのアドレスは3から始まるのでアドレスを見てマルチシグを導入しているかどうか判断することができます。

マルチシグの実用例


マルチシグの実用例としてはエスクローがあります。エスクローとは、取引の安全性を担保するために、売り手と買い手の間に第三者を仲介させることを言いますが、マルチシグの仕組みを用いることで、このやり取りを効率化させ、より簡単にエスクローを行なうことができます。
エスクローについての詳しいことはこちらの記事に書いてあるので、是非読んでみてください。

マルチシグのメリット

マルチシグの大きなメリットとしては、セキュリティ性の向上とプライベートキー紛失時の対応が可能なことがあげられます。
まずセキュリティについては、プライベートキーの情報が1つハッキングなどにより外部に漏れてしまっても、マルチシグであればそのプライベートキーのみで資産にアクセスすることは不可能なので、資産を失う心配がありません。そういった点でシングルシグよりも大幅にリスクが低減されます。
次に、プライベートキー紛失時の対応についてですが、通常シングルシグの場合、プライベートキーの紛失はそのまま資産の紛失につながります。というのも、プライベートキーがないと、アドレスにアクセスすることができないためトランザクションが不可能になるため、資金の移動ができなくなるからです。
しかし、たとえば2of3のマルチシグの場合は、1つプライベートキーを紛失してしまっても残りの2つを使ってアドレスにアクセスすることができるので、資産を失うことはありません。
ただし、すべてのプライベートキーを同じ端末などに保存していてその端末が壊れてしまった場合は、シングルシグのプライベートキー紛失時と同じ状態になってしまうので、それぞれのプライベートキーは別の端末に保存しておくことが大切です。
また、マルチシグのプライベートキーを1つ紛失してしまった場合は、同じことがもう1度起こった場合資産が移動できなくなるので、速やかに他のマルチシグウォレットなどに移行することが必要です。

このように、マルチシグはセキュリティ性を向上させ、資産を失うリスクを低減させるためにとても有用な技術です。今後も様々なサービスに導入されていくでしょう。

友だち追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2019-2-17

    【XEXトレード必至】CROSS exchange トレードキャンペーンを発表!

    CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…

おすすめ記事

  1. CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…
  2. 暗号資産取引所のCROSS exchange(crossexchange.io)が2019年2月10…
  3. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
  4. ブロックチェーン技術の発展に伴い、組織やシステム内に管理者がいない「非中央集権」の認知が高まっていま…
  5. アセットバックトークン、いわゆる資産担保型の仮想通貨をご存知でしょうか。クロスエクスチェンジがアセッ…

話題をチェック!

  1. CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…
  2. 暗号資産取引所のCROSS exchange(crossexchange.io)が2019年2月10…
  3. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
ページ上部へ戻る