「CROSS」のプロジェクト内容をわかりやすく解説!

CROSSとは

CROSSはトークンを使った「価値交換」を可能にする為のアプリケーションインフラの構築を行う、プラットフォーム型のプロジェクトです。

次世代の分散型取引所を中心に分散型経済圏の創出を目指します。

ここでの「価値交換」は仮想通貨に限った話ではありません。HPには「分散型価値交換プラットフォーム」と書かれていますが、かんたんに言うと「究極の物々交換プラットフォーム」です。

「世界中のありとあらゆるものをデジタル資産にして、だれもが便利に利用できるサービスを提供する事」これがプロジェクトのテーマであり、これを実現するのに必要なのがブロックチェーン技術です。

世界中にはモノやデータなどの現物資産を交換するには、様々な手続きが必要で、無駄な時間やコストが発生してしまいます。CROSSはこの問題を解決するために、ブロックチェーンと、トークンエコノミーを使い、誰もが気軽に販売、購入出来る未来を創出します。

 

CROSSプロジェクトにおいては、世界中の不動産、商品、情報などの財やサービスを、ブロックチェーン技術を用いてデジタル資産化した上で、XCRトークン(CROSSトークン)の経済圏をベースにした「分散型価値交換プラットフォーム」を構築することにした訳です。

 

購入サイドから見ても、コピー商品や粗悪品を高値で掴まされるリスクがなくなりますので、世界中に資材調達ルートを構築できる可能性が拡がる訳です。

CROSSプラットフォームのユーザになると、これまで外国人が購入不可能だった国の不動産を入手できたり、自分の商品やアイデアをデジタル資産化して世界中に販売できたりするようになります。

 

 

CROSSの将来性

近い将来、世の中のほぼ全ての現物資産がデジタル管理されると予想されます。しかし、現物資産にはコストがかかるという問題点があります。それをデジタル資産化することで解決するのが「CROSSプロジェクト」です。

現在、インターネットの発展に伴って世界の情報格差が埋まり、多くの人が情報を発信したりビジネスが行えるようになってきています。CROSSが開発する「分散型価値交換プラットフォーム」を使えば、更に簡単に、場所、時間、国、人種関係なく、自らが持っている資産を世界中に販売したり、購入が出来るようにできるようになります。このプロジェクトでは、世界中の人の富のフラット化も進めようとしています。

もしかしたらプロジェクトの規模が大きすぎてピンと来ない方もいるかもしれませんが、CROSSが便利で理想的な経済圏を創造しようとしているのは確かです。今後もこのCROSSプロジェクトに注目していきましょう。

CROSSのHP▶︎https://cross.technology/

 

友だち追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


  1. 2019-2-17

    【XEXトレード必至】CROSS exchange トレードキャンペーンを発表!

    CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…

おすすめ記事

  1. CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…
  2. 暗号資産取引所のCROSS exchange(crossexchange.io)が2019年2月10…
  3. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
  4. ブロックチェーン技術の発展に伴い、組織やシステム内に管理者がいない「非中央集権」の認知が高まっていま…
  5. アセットバックトークン、いわゆる資産担保型の仮想通貨をご存知でしょうか。クロスエクスチェンジがアセッ…

話題をチェック!

  1. CROSS exchangeが初開催のトレードキャンペーンを発表しました。 トレードキャンペーンは…
  2. 暗号資産取引所のCROSS exchange(crossexchange.io)が2019年2月10…
  3. 11月にオープンした分散型価値交換プラットフォームである「CROSS exchange」の登場をはじ…
ページ上部へ戻る