【インタビュー】Good Luck 3 井上氏 -第2部:そもそもブロックチェーンゲームとは?くりぷ豚の紹介

くりぷ豚

2017年後半に誕生したブロックチェーンゲームは、プレイヤー同士でキャラクター等をやり取りできるゲームとして新しいもの好きのゲーマーの間で話題になりました。日本でもブロックチェーンを使ったゲームがリリースされています。

今回は「くりぷ豚」を開発運営しているGood Luck 3の代表、井上和久氏を中心に、くりぷ豚と新しくリリースするゲームプラットフォーム「RAKUN」について訊きました。

第2部では、聞き慣れないブロックチェーンゲームについて、そしてブロックチェーンゲームのくりぷ豚について訊きました。

前回のお話:第1部 – ブロックチェーンゲームに力を入れる理由

Good Luck3 井上氏
Good Luck3 井上氏

ブロックチェーンゲームとは?

編:ブロックチェーンゲームとは、聞き慣れない言葉な人が多いと思います。そもそもブロックチェーンゲームとはどのようなものなのでしょうか?

井上:私は説明するとき、ビットコインやイーサリアムって知っていますか?と聞いています。それらの暗号通貨を使ってゲームを遊ぶと上手くいけば増えるし、上手くいかないと減るかもしれないけれども、新しいゲーム体験ができるという話をしています。

ただし、そこは入り口でしかなくて、ゲームで手に入れたキャラクターやアイテムがゲームの中だけに縛られず、自分のものとして所有できて、ゆくゆくは私たちが出しているくりぷ豚のレースゲーム以外にも、例えばバトルゲームを誰かが作ってくれたらそこでも使えるし、デスクトップ上やスマホ上に自分のペットとして出現させて、ゲームの枠組みを超えた使い方を自由にできるよと説明しています。

編:事前にいただいた資料のブロックチェーンゲームのメリットの部分で、ゲームがなくなってもアセットが残るというものがありますが、私はゲームがなくなるとそもそもアセットの価値も一緒になくなるのかと思っていました。アセットが残るメリットとは、別のゲームで同じキャラクターが使えるとか、そういうところに価値を持たせることができるということなのでしょうか?

井上:はい。例えば、私は、子供の頃、ビックリマンシールや野球カードなどを集めていました。紙のカードゲームって公式の遊び方がありますが、勝手にユーザが自由に遊んでいたと思うのですよ。めんこにしてもいいですし、冷蔵庫に貼ってもいいし、遊び方はユーザの自由という世界観です。

手に入れたキャラクターやアイテムは本来ユーザのもので、ユーザがお金を払って手に入れたものだから、それがなぜゲームメーカーの都合で消されてしまうのか?そもそもユーザのものなのだから、ブロックチェーン上に財として残しておきましょうと。

ゲームメーカーがどういうスタンスであろうが、それはユーザの財なのだからユーザが自由にして使っていいわけです。ユーザがその財、キャラクターやアイテムのことを愛しているのであれば、自分でゲームを作ってしまえば恒久的に続くようなものになっていくわけです。

私たちが目指しているコミュニティやプロダクトの構成としては、そうやって好きなキャラクターやアイテムをベースに自己増殖的に世界が拡張していくようなところを目指していて、それには後で説明するRAKUN(ラクン)みたいなコミュニティやプラットフォームがそれを促進するものになるだろうと思って創っているわけです。

編:よく海外でファンが作ったゲームがあって、クオリティが高すぎてオリジナルを作ったメーカーが潰しにかかるということがありますが、逆にそれを促進するようなことをするわけですよね?

井上:そうなんです。いわゆるオープンイノベーションは時代の流れですし、もう抗えません。だって人々の思考自体がオープンイノベーションになっているので、最初に作った人が富を独占するのはおかしくないですか?

例えば、ゲームは誰が作っているのかというと、コンシューマーゲームの時代はメーカーの寄与率が高かったです。オンラインゲームになるとゲームメーカーだけが創っている世界観だけではなくなってきて、コミュニティが占める要素が大きくなってきて、世界観の寄与度でいうとたとえばメーカー50%、ユーザ50%くらいになるわけですよね。

正直申し上げると、かなりの開発費と情熱と人員を注ぎ込むので、収益をとらせていただきたいと思う一方で、今のゲームを成功させるためにコミュニティやユーザ側の宣伝が必須になってきて、ゲームがゲームメーカーだけで創る時代ってとうに終わっているのです。ただ、その収益はすべてゲームメーカーが持っていくというビジネスモデルは変わっていなかったわけです。

要は、ユーザがコミュニティやゲームの世界観を創っていっていることに対して、ちゃんとプロフィットで還元していきましょうというものになります。これは、ごく自然な流れをやっていて、より公平なエコシステムを創ろうとしていっているだけだと思います。

くりぷ豚の紹介

編:くりぷ豚についてご紹介いただけますか?

井上:くりぷ豚はリリース半年で約5万頭の豚が生まれている、もはや世界最大のデジタル豚のファームです(笑)うちの妻が養豚業をやっているのですが、年間の生産頭数が10万頭です。生産の手間が異なるとはいえ、半年でそれを超えるペースで生産しており、デジタルの力すげー!!って思うのです。

豚自体はデジタルな遺伝子情報を持っていて、3京6千兆通りの豚が生まれます。つまり、世界中に誰一人として同じ遺伝子の人間がいないように、基本的に同じ豚も2頭といないということです。

これが、またすごいところで、デジタル上に新しい生命の種が生まれてきて、しかもブロックチェーンって文字列と数字列のアルゴリズムの中で、値を持っているわけじゃないですか。これが非常に遺伝子的だよねって。

僕らのゲームでは2頭の豚を掛け合わせると新しい豚が生まれて、それが5万頭いるわけですけれども、この新しく生まれた豚をレースで走らせたり、バトルをさせたりすることで、現実世界のなかで人類が目的を持って生きているかのように、仮想世界でも、くりぷ豚が生きる目的を持って繁栄し始めています。

愛情深く育ててきた豚をあるときは売りに出して誰かに引き取ってもらって、さらに育ててもらったりする事もできるし、売って得たお金で新しい豚を買ってきてまた違う豚と配合して新しい豚を生むこともできます。仮想空間の中で豚の何世代にも渡る営みをシミュレーションできるゲームです。

くりぷ豚はこんなゲーム

編:失礼な話ですが、私はくりぷ豚って育成ゲームの延長だと思っていました。私は昔ゲーマーだったので、ゲームボーイでたまごっちやドラゴンクエストモンスターズやっていたのですが、あれは組み合わせがパターン化されて最後は飽きてしまいます。それとは違う感じですね。

井上:違いますね。大きく2つ違っていて、オンライン化したことと、2つ目は永久に残るようになったということだと考えています。

オンラインと永久に残ることを掛け合わせるとものすごいことが起きて、要は永久に進化し続けるということです。恒久性や永久性がもたらすインパクトってすごいと思っていて、進化し続けるのですよ!

具体的な例としては、豚のデジタルアセットをつかう他のゲームを開発することで、ゲームを進化させていくことができます。もちろん既存のオンラインゲームでも不可能ではありませんが、ブロックチェーンを使うことにより、よりオープンに、よりセキュアに、かつ低コストで開発しやすくなりました。

たとえばですが、現状では豚の組み合わせは3京6千兆通りですが、アップデートすると36京通りの価値を持つことになるかもしれません。

編:もう、わけがわからない数字ですね(笑)

井上:インターネットやコンピュータの発展とともにゲームも進化してきました。

ブロックチェーンを活用することでこのデジタル豚は進化し続けるポテンシャルを持っています。これは恐ろしいインパクトで、それがデベロッパーだけじゃなくてユーザが参加しながら進化するわけです。

たとえば、デジタルの世界では、当たり前のように皆がデジタルの豚を持っていて、人よりも豚の数が多くて、支配的な世界になるみたいなことが、この仮想世界で生まれる可能性すらあるわけです!現実世界では、まだまだ人類が我が物顔で生きているかも知れないですが、ブロックチェーンで創られる仮想世界では、私達が最初に豚を選んでしまったが故に、豚のほうが人類よりも支配的になる可能性すらあるわけですよ、本当に(笑)

そういう話をすると、モチーフとして何で豚を最初に選んだのだという話をよく聞かれます。

編:どうしてなのですか?

井上:最初にブロックチェーン上に登場して流行ったゲームはCryptoKittiesといって猫をモチーフにしたものでした。そのゲームをリスペクトした上で、じゃあ別の動物でやってみようとしたときに、動物人気ランキングを見たんですね。そうすると猫に対抗するには犬しかない。他には、人気ランキングでいうとパンダやうさぎがいるわけです。豚なんてランキングのどこにもない!

編:たしかにないですね。

井上:それで、担当者になぜ豚なんだ?ときいたら、クリプトだし、くりぷ豚(トン)で良くないって?それに、英語だとCRYPT-Oinkというのですが、Oinkってのが豚の鳴き声で、英語にしても日本語にしてもクリプトと相性いいじゃんと。

それに、モチーフで出てきた絵が結構かわいくてなかなか良かったですよ。名称の響きとビジュアルは大きいですね。例えば、恋愛において一番困る質問の一つに、私のどこが好きなの?ってありますよね。いやいや、感覚で好きになっているだけで理由を求められても困るでしょう。なぜ、カレーが好きなのですか?とか、なぜ、山登りが好きなのですかとか聞かれると、カレーは美味いから。そこに山があるから。と、素直に答えると、そんな答えになります。その類の質問と、なぜ豚なんだ?って、ほとんど同じ類の質問なのですよ。ロジックで一応説明できるかも知れないですけれども、そのロジックは素直な感覚とはズレがある、後付けのロジックってやつです。なぜ豚なのかは、ロジックよりは感覚で決めている割合が大きいです。

編:私はくりぷ豚が出たときのTwitterの反響を覚えているのですが、かわいいというツイートが多かったですね。

井上:そうですね。絵柄が違ったらかわいいにならないですね。すべてがセットで決めていっている話なので、そこは結構大事にしたい部分ですね。

さっきの質問をもっともらしくいうと「いやー、ジブリ作品にも豚をモチーフにしたものがありまして、走れない豚はただの豚だ!」とか、それ後付のロジックってバレバレじゃないですか!

ただ、リアルの世界で繁栄している動物と、ブロックチェーン上で繁栄する動物って違うと思います。それは誰かの偶然の選択がその後の運命を決めてしまうということが起きうると思っていて、僕らとしては豚にコミットした以上、ブロックチェーン上で一番繁栄している動物は豚だという勢いで乗り出していこうとしています(笑)

編:猿の惑星っていう映画がありますが、あれはすごい猿が進化するじゃないですか。人間を牛耳るくらいの。ああいう猿のポジションに豚がなるというイメージですか?

井上:そうそう、そういうことですね(笑)

これから、豚の上にアバターのジョッキーを乗せようと思っています。競馬でいうとジョッキーより馬がメインで、馬の方により価値があるわけです。馬がいた後でジョッキーを誰にしようという話じゃないですか。その構造でいうと、仮想世界では、豚は人より価値を持つはずなのです。そういう世界観は近いだろうなと感じています。最近は、豚の神様に、私は操られているのではないかとすら感じています(笑)

編:面白いですね。ここまで豚にコミットしているというのは!

井上:私達は、この豚に選んでもらえるのか?みたいな(笑)

次回予告

いかがでしたでしょうか?

第3部では、 日本初のブロックチェーンゲームを作ることについて大変だったことやブロックチェーンゲームの問題点に対してズバリ訊いていきます。

次回のお話: 第3部 – ブロックチェーンゲームを作ってわかったこと

Good Luck 3の情報

友だち追加