暗号資産XMR(モネロ)のチャート分析から直近のニュースについて解説

暗号資産XMR(モネロ)のチャート分析から直近のニュースについて解説します。

「XMRのチャートは2017年から2019年までどのような動きをしてきたの?」「XMRに関する直近のニュースを知りたい」
「XMRの価格は今後上がるの?下がるの?」

このような疑問を抱えていませんか?

XMRは時価総額ランキング12位の匿名性に重視して開発された暗号資産です。通常、ビットコインではウォレットAからウォレットBのアドレスへ1BTCが送金されたという情報がブロックチェーン上に残りますが、その情報からは個人を特定することはできません。

しかし、アドレスの情報と個人の情報が紐づいてしまえば誰から誰にいくら送ったのかという取引記録が漏れてしまう可能性があります。それに対し、XMRはさらにビットコインの透明性を無くしたブロックチェーンで開発されています。

他の通貨にはない特徴を持つXMRは2017年〜2019年の間でどのような値動きをしてきたのでしょうか?

今回は初心者の方向けにXMRのチャート分析や今後の動向、直近のニュースなどを紹介していきます。

XMRのチャート分析・動向


2017年1月の1XMRは約1,500円でしたが、他の暗号資産と同様に価格は大きく高騰し、2018年1月には約40倍となる1XMR約6万円の価格をつけています。

BTCやETHと違って当時のアルトコインは投機目的で投資をされていた要因が大きく、BTCの価格が上がればXMRをはじめとするアルトコインの価格も上昇していました。

当時は取引所のチャートによって価格がチャートに反映されるまで数秒の誤差が生じたため、BTCの価格が動いた後にXMRを購入するなどの手法で資金を増やすことも可能でした。また、2017年11月ごろにXMRのセキュリティ強化を目的に「マルチシグネチャ」の実装を行ったことで利用価値が高まったことも要因のひとつと言えます。

しかし、2018年1月の暗号資産バブル後はXMRは長期的な下落トレンドを迎え、価格が上下しながら2018年12月16日には底値をついて1XMR4,356円となっています。

それ以降、2019年4月現在までは右肩上がりに相場は上昇していますが、XMRの価格を大きく上昇させるようなニュースは出てきていません。最近では時価総額ランキング1位のビットコインも価格を回復させつつあるため、今後はXMRもつられて上昇していく可能性があります。

XMRの直近のニュース

XMRの直近のニュースについて紹介します。

暗号資産マイニング「Coinhive」のサービス終了

暗号資産XMRが1年間で約85%もの暴落を起こし経済的に運営が困難になったことや、XMRのハードフォークなどの影響で暗号資産のマイニングツール「Coinhive」は3月8日を持ってマイニングサービスを停止すると発表しています。2019年4月30日まではマイニングの状況を確認するためのダッシュボードの閲覧は可能とされています。

Dockerがハッキングを受け、XMRのマイニングに利用される

仮想環境ソフトウェア「Docker」を実行している約400台のサーバーが、外部からの攻撃に対して脆弱性を持っていることが確認されています。

もしユーザーがDockerのホストが設定を誤ると外部からのアクセスを許可してしまうことになり、勝手に暗号資産のマイニングに利用される恐れが危険性があります。3月4日のセキュリティ会社のImperva(インパーバ)のレポートによると、実際にはほとんどのサーバーが暗号資産XMRのマイニングを行なっていたと発表されています。

XMRのウォレットアプリにも脆弱性が見つかる

暗号資産XMRのウォレットアプリで不正な入金が反映される不具合が話題となっていました。この脆弱性はコインベースの取引情報を出力した際に誤って処理してしまうと発生する問題で、悪意を持ったユーザーが取引所などに対して不正にXMRの預け入れを偽造できる可能性があることがわかっています。

直近のXMRについては、ネガティブなニュースばかりが出てきているため、価格上昇の兆しは見えてきません。また、XMRは他の主要コインに引っ張られて価格上昇する可能性があるため、XMR以外のBTCやETHなどの情報収集もするようにしましょう。

まとめ

・XMRは匿名性に重視して設計された暗号資産である

・XMRは1年間で約85%もの暴落を起こしており未だ回復の兆しは見えない

・XMRは他の暗号資産の値動きにつられて価格が動く傾向があるため、他の主要コインの動向にも注目しておく必要がある。

暗号資産XMR(モネロ)のチャート分析から直近のニュースについて紹介しましたが、参考にしていただけましたでしょうか?

XMRは匿名性が強いため犯罪に利用されるリスクがあり、規制されやすい傾向があります。しかし、XMRを安全に利用する規制が整えば価格が上昇する可能性もあります。今後はXMRの匿名性に対して社会がどのような利用の仕方をしていくのかに注目しておきましょう。