クロスエクスチェンジとは?その概要や取扱通貨をご紹介

クロスエクスチェンジとは?その概要や取扱通貨をご紹介

2018年5月にトークンセールを開始し、資金調達を行った取引所やウォレット開発を行うプロジェクト「CROSS(クロス)」ですが、その取引所である「CROSS exchange(クロスエクスチェンジ)」が11月25日に本オープンを迎えました!
本記事ではそのCROSS exchange(クロスエクスチェンジ)の特徴や、自動マイニングをはじめとした他の取引所ではみられない様々な機能についてご紹介致します。

クロスエクスチェンジ公式サイトをチェック

CROSS exchange(クロスエクスチェンジ)とは?


仮想通貨、ブロックチェーンの領域は日々拡大しており、日々そこでは価値(トークン)の交換が行われています。
CROSS exchange(クロスエクスチェンジ)は、その価値交換(Value exchange)を「CROSS」=交差する役割を担うためにその名がつけられました。

昨今日本国内のみならず、取引所の大きな課題となっているのが外部からのハッキング攻撃です。
これは取引所側はもちろんのこと、顧客にとっても大きなリスクであり、仮想通貨を扱う取引所が一生を持って対策しなければならない永遠の課題です。
CROSS exchange(クロスエクスチェンジ)では取引プラットフォーム、トランザクションデータなどをユーザーに開示することで透明性を保つとともに、アゼルバイジャン共和国にて仮想通貨の金融ライセンス第1号を取得し取引所としての堅牢性にも力を入れています。

近年ではその数を増やし乱雑している印象を受ける取引所ですが、アゼルバイジャン共和国で初の金融ライセンスを取得しているとのことで、取引所としての信頼性の高さが伺えますね。

金融ライセンス取得のクロスエクスチェンジをチェック

CROSS exchange(クロスエクスチェンジ)が備える機能とは


CROSS exchange(クロスエクスチェンジ)は、シンプルでかつユーザーが使いやすいデジタル資産取引プラットフォームを構築することに重きを置いています。
これを踏まえ、CROSS exchange(クロスエクスチェンジ)が有する3種類の大きな機能をご紹介致します。

取引所としての基本機能

基本機能のセクションでは、取引所の機能と知って必須となる口座開設、ログイン、およびKYCアプリケーションサービス(本人確認)を行います。また、ユーザーの希望に応じて様々な段階のセキュリティ対策を設定することも可能です。

取引セクション

取引機能セクションでは、ユーザーが資産運用をするための機能を提供します。高度なメモリー・マッチング・アルゴリズムを使用して、毎秒数百万のトランザクション処理速度を行っています。これにより、既存の取引所ではなかなか約定されなかったり、取引の処理を担うサーバーがダウンしてしまうなどのトラブルを極力少なくしています。
また、金融レベルのAPIインタフェースも用意されており、GTD、GTCなどの専門取引の受注も可能となっております。
外部サイト:カブドットコム証券:用語解説

マイニングセクション


マイニングセクションでは、サードパーティによるマイニングツールをユーザーに提供します。
CROSS exchange(クロスエクスチェンジ)では取引所マイニング機能も有しており、昨今のFCoinやCoinEXなどの前例をみると、取引所トークンの値上がりにも期待できるのではないでしょうか。
また、通常取引マイニングを行う場合は手動取引で行いますが、CROSS exchange(クロスエクスチェンジ)には「自動マイニング」機能が備えられており、採掘したい金額を入力すると自動でマイニングを行ってくれる画期的なシステムとなっております。
関連記事:取引マイニングとは?その仕組みや特徴について紹介

クロスエクスチェンジで自動マイニングを体験する

CROSS exchange(クロスエクスチェンジ)のアプリは?


CROSS exchange(クロスエクスチェンジ)は、取引所の本オープンと主に使いやすい専用アプリをリリースしています。
「CROSS exchange(クロスエクスチェンジ)アプリ」を利用することで、外出先からなどでも簡単に取引やマイニングの設定を行うことが出来ます。
また、アプリの2段階認証はもちろんのこと、取引所の資産はマルチシグにより管理されているためセキュリティ性にも信頼ができますね!
現在はAndroid版のみリリースされておりますが、順次iOSへの対応も予定しているということです。

公式アプリのダウンロード

CROSS exchange(クロスエクスチェンジ)の取扱通貨は?


CROSS exchange(クロスエクスチェンジ)では、ローンチされた段階で以下の通貨ペアを取引することが可能です。

USDT建て

  • BCH/USDT
  • LTC/USDT
  • XRP/USDT
  • ETC/USDT
  • ADA/USDT

BTC建て

  • ETH/BTC
  • LTC/BTC
  • BCH/BTC
  • XRP/BTC
  • ETC/BTC
  • ADA/BTC
  • EOS/BTC
  • NEO/BTC
  • MONA/BTC
  • LSK/BTC
  • XEM/BTC
  • NEO/BTC

XEX建て

  • XEX/USDT
  • XEX/BTC
  • XEX/ETH

しかし、上記の通貨ペア以外にも今後大きな可能性が期待される革新的な仮想通貨の取引が可能となる予定です。そのため、定期的に質の良いプロジェクトトークンのリスティングも行っていきます。

クロスエクスチェンジ公式サイトをチェック

アゼルバイジャン共和国でのライセンスを取得していることや、大々的な宣伝を行わず真摯に資金調達を行っている姿からしても、CROSS exchange(クロスエクスチェンジ)は今までの取引所のあり方やしくみを変える、画期的なシステムになっていくのではないでしょうか。
本メディアではCROSS exchange(クロスエクスチェンジ)のその後にも注目していきます。

友だち追加