【簡単設定で参加可能】XEX還元率UP!再自動ロックアップキャンペーン!

暗号資産取引所CROSS exchangeにて期間限定で開催される「再自動ロックアップキャンペーン」について解説します。

「XEXトークンってなに?」
「XEXトークンを持つメリットって?」
「再自動ロックアップキャンペーンを利用したらどうなるの?」

このような疑問をお持ちでもいると思いますので、改めて詳しく説明します。

CROSS exchangeの利用ユーザーは再自動ロックキャンペーンを利用することで、取引所にロック(預け入れ)している金額に応じた分配率をこれまでよりより増加させられるメリットがあり、XEXトークンの配当をより多く得られます。

本記事ではXEXトークンやキャンペーンについて理解できるようにわかりやすく紹介していきます。

XEXトークンを保有するメリット

XEXトークンはアゼルバイジャンを拠点とする暗号資産取引所のCROSS exchangeが発行しているトークンです。

XEXトークンを保有するメリットは主に以下の3点です。
①CROSS exchangeから配当を受ける権利
②CROSS exchangeへ上場するコインの投票権
③取引所の重大な決議に参加する権利

今回はキャンペーンと密接に関係しており、最も注目される「①配当を受ける権利」について詳しく解説していきます。

XEXトークンの保有者はXEXトークンを保有することにより、CROSS exchangeで発生した手数料の最大80%以上の配当を受け取ることができます。
つまり、CROSS exchangeで取引を交わすたびに発生した手数料以上のXEXが配布されるため、XEXを保有して利用しているだけで資産が増加していきます。
例えば、保有している資産が1BTCで1BTC80万円の相場価格だとします。このときに、同じ価格で売買を行えば売買後の保有資産は「80万円」と「配布されたXEX」になります。

CROSS exchangeの収益配当プランでは、XEXの保有者は取引所が受け取る1日の手数料収益の20%分を配当として得ることができたり、一定期間ロック(取引所に預金)することで、配当金の分配率を増加させることができます。

ロック期間ごとの分配率は以下の通りです。

ロック期間 払い戻し手数料 1時間あたりの制限 マイニング終了後の配当率
0日 100% 1,000EXE 0%
30日 108% 1,200EXE 40%
60日 118% 1,500EXE 60%
90日 130% 2,500EXE 80%

通常ユーザーが手動で行う取引を取引所が自動で取引してくれるマイニングプランでは、ユーザーがマイニングを行う通貨ペアを選択し取引に使う金額を決めた後、取引所が設定に応じた取引を自動で行います。

そして、この際の取引手数料がXEXに変換され、ユーザーは一定の割合のXEXを受け取ることができるようになっています。また、配当金はロック期間が長ければ長いほど高い配当率になるため、損をすることなく利益を最大化できる期間を選択しなくてはなりません。

CROSS exchange取引所へロックしているうちは価格が大きく動いたときにすぐに資金移動や売買ができませんので、預け入れる資金の量には十分に注意しましょう。

XEXの再自動ロックアップキャンペーン


CROSS exchangeは「2019年2月28日(木)13:00 JST ~5月31日(金)12:59 JST」の間で収益還元率をアップすることができる再自動ロックキャンペーンを開催します。

通常であれば再自動ロックアップ機能を使用しても還元率が上がることはありませんが、今回のキャンペーン中は再自動ロックアップにより還元率をアップさせることが可能です。

この再自動ロックアップ機能は、ロック期限が終了した事に気がつかずに還元率が低下してしまうという問題を防ぐことができるメリットがあります。

再自動ロックを行なった際の還元率は以下の通りです。

ロック期間30日は配当の還元率が3%アップ、ロック期間60日は配当の還元率が6%アップ、ロック期間90日は配当の還元率が12%アップという結果となっており、マイニング終了後の配当金ボーナスに変化はありません。

ロック期間が30日から60日になった場合の配当の還元率は2倍ですが、ロック期間が90日の場合は配当の還元率が4倍になります。そのため、長期的に再自動ロックをしたいという方は60日よりも90日を選択するとお得に利用することができます。

ロック期間終了後に売却する場合は、売却時に相場の価格が大幅に減少していないかなど、相場の状況に対しても注意する必要があります。

また、売却するかロックを続けるかで悩まれる方もいるかと思いますが、実は、税金分を差し引いた後の売却マイニングと再ロックの総資産額を比較したところ再ロックの方は総資産が約16%以上増加したという結果が出ています。増加した資産は売却マイニングの方が多いですが売却した分は課税対象とされますので、その分の利益が減少します。つまり、XEXを途中で売却せずに90日間のロックをなんどもかけ続ければ総資産が約16%も増加することになります。

詳しい記事は、CROSS exchangeを利用している方のブログで説明されていますのでご紹介します。

売却マイニングと再ロックはどちらがお得か徹底比較!!
https://crossexchange.jp/xexrock/

それにしてもCROSS exchangeについて書かれているブログは非常に多くCROSSのコミュニティの強さをとても感じます。ブロックチェーンのプロジェクトは支援者やコミュニティがプロジェクトを大きくする側面が大いにあると思いますのでCROSSもそういったゾーンにあるプロジェクトなのかも知れないですね。

CROSS exchange
https://www.crossexchange.io/cross/home

まとめ

2月28日から約3ヶ月間に渡って開催される再自動ロックアップキャンペーンに参加すれば、配当の還元率がアップします。また、ロック期間は長ければ長いほどユーザーは多くの収益をあげられます。キャンペーンにあたり一点注意していただきたいことは、ロック期間が長ければ長いほど相場状況に応じた資金の管理がしにくいためリスクも高まります。取引所に預け入れる金額もご自身の余裕のある範囲内で行うようにしましょう。

友だち追加