お金はどのような役割を持っているのか

お金のもつ役割

私たちが普段、当たり前に使っているお金には大きく3つの機能があると言われています。

1, 価値の保全機能
お金はそれ自体の価値が不変であることから、預けたり、金庫にしまったりすることで富を維持し続けられるという機能があります。

2, 交換機能(決済機能)
お金が出来るまでは物々交換が行われていました。この場合、自分が欲しいものと相手が欲しいものが一致するまでは取引することが出来ないという欠点があります。しかしお金を媒介として交換するようになり、両者の欲求が一致する必要がなくなり、スムーズに取引ができるようになりました。

3, 価値の尺度としての機能
全ての商品やサービスが、お金によって価格づけられています。全ての商品やサービスは、お金によって価値が決定されます。つまりお金が価値を計る尺度として機能し、お金によって商品の価値が表現されます。

以上のような役割を、皆が信頼し、お金を使うからこそ、お金は価値があるのです。

友だち追加